夜行バスでおススメの枕とは?ネックピローで首や肩の痛みを解消‼

遠出をする時に利用する夜行バス。

飛行機や新幹線を利用するよりも安いので、安く済ませたい時はおすすめですね。そんな夜行バスは長距離で長時間になり、しかも夜!もちろん眠ると思うんですが、座ったまま寝るような状態になるので、意外と首が痛くなりませんか?

 

実は、私も遠出の旅行の時はよく夜行バスを利用するので、寝た後の首の痛みで途中で起きてしまい、結局なかなか眠れないんですよね。せっかくの旅行なのに、身体が痛くて、スッキリせずボーッとしたまま観光地を回る事もありました。

 

今まではバス内にあるブランケットや枕をうまく活用して、何とか長時間過ごしていました。あまり期待もしておらず、重視もしていなかった枕だったので、気にもしていなかったのです。

ところが、お店に並んでいるのを見て、これ何の枕?と思ったら、夜行バスなどで活躍する枕だったので、ネットでちょっと調べてみたら高評価!思い切って購入して使用してみたところ、あら不思議。。

なかなか眠れなかったバス内でしたが、いつの間にか爆睡してしまい、現地に到着。枕を購入しただけなのに、首や肩の痛みもなく、快適に過ごすことが出来たのです。

 

せっかくの旅行なのに、頭がスッキリしないまま観光地を回るのって、辛いですよね?

ひどい時は、体調を崩してしまい、ほとんど旅館で休んで終わってしまったなんてこともありませした(笑)

場所によっては旅行先でレンタカーを借りて運転することもあるかと思います。そこで、もしウトウトしてしまい事故でも起こしてしまったら!?と思うだけでも、ゾッとしますよね。

 

今回は、夜行バスでのおススメの枕を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

首や肩の痛みの原因は?

そもそも夜行バスで長時間座っていると、なぜ首や肩が痛くなるんでしょうか?根本的な原因を探ってみたいと思います!

バスの座席をまず見て頂くと分かるのですが、お客さん全員がフィットするわけではないのです。その人にピッタリな特注で作っているわけではないので、必ず身体のどこかが当たったり、出てしまったりしてしまいます。

特に個人差があるので、例えば身長が高い人は座席の枕から頭が出てしまうこともあります。逆に身長が低い人は座席の枕が頭の上にあるような状態になってしまうこともあります。その状態で、長時間バスに揺られると、どうなるでしょうか?

首が前後左右に傾くので、首や肩を痛めやすくなるのです。

 

ネックピローを使用してみよう!

そこで活躍するのが「ネックピロー」というものです!文字の通りですが、英語でネック(首)+ピロー(枕)ということで、首に巻く枕のことです。

ネックピローにはクッションタイプの枕と、空気を入れて膨らます空気タイプの2タイプがあります。

使い方は様々で、首に巻いたり、うつ伏せで寝る時にしようしたり、腰のクッションやフットレストにもなります。ちょっとした工夫をするだけでも、快適な長時間の移動になりますね。是非、試してみて下さい!

スポンサーリンク

おすすめのネックピロー3選!

今では安いものから高いものまで様々なネックピローが販売されているので、紹介していきたいと思います。

 

○Purefly ネックピロー U型 手動プレス式   2199円

 

収納ポーチに入っており、下部にあるボタンを繰り返し押して膨らますことが出来ます。

非常に軽くて柔らかいマイクロビロード生地が使用されており、しっかりとした作りです。カバーは取り外し可能で洗うことが出来ます。

折り畳みサイズ:縦14.9cm×横9.9cm

 

○Shizzz ネックピロー U型まくら  2399円

 

肌に優しいマイクロベルベット繊維素材を使用しており、通気性が良く、壊れにくい。頭の重みを滑らかに分散してくれます。二重固定になっており、首周りのサイズに合わせて調整が可能になっています。収納ポーチも付いており、畳んで簡単に収納出来ます。

一年保証付きで、万が一商品に不具合があったら対応可能です。

収納サイズ 縦6inch×横5inch
展開サイズ 縦6.5inch×横10.6inch

 

 

○Tian 新型改良版の旅行枕ネックピロー スカーフ式トラベルピロー  1680円

 

スカーフ式トラベルピロー。口元まで覆い、寝顔を隠したり喉を乾燥から守ってくれます。また冷房の効いた車内での寒さ対策にもなります。肌に優しいフリース素材のスカーフがサポートしてくれます。これの商品は、ネックピローとアイマスクセットになるので、さらにお買い得ですね。しかも二つで139gしかないので、軽くて持ち運びにも便利。

 

収納サイズ 縦20cm×横24cm×厚さ9cm
展開サイズ 縦27cm×横72cm

 

すぐ購入が難しい場合はタオルで代用!

ネックピローをわざわざ買うのもなぁ・・と思ってしまう人はタオルでも代用が出来るので、是非やってみて下さい。タオルをクルクルと巻いて棒状にし、ネックピロー状に肩に置けば完成です。薄手や厚手のタオルをうまく調整し、自分好みの高さや厚みにしてみて下さい。

おすすめネックピローまとめ

まとめ
・首や肩が痛くなる原因は、長時間身体に合わない座席で揺られることにより起こる
・ネックピローを活用することで痛みの改善から快適な時間に!
・ネックピローはU型やスカーフ式など色んな種類がある
・ネックピローがない場合はタオルで代用できる

長時間同じ姿勢でいると、どうしても身体のあちこちが痛くなりますよね。

なんでこんなに痛くなるのか?

原因が分かり、どのように対処すれば良いのか?分かってくると、さらに気持ちもスッキリしてくるかと思います。枕だけで首や肩の痛みが改善され、さらによく眠れたら、だいぶ違いますよね。

たくさん寝て、スッキリしてから、せっかく遠くまで来た観光地を巡れたら、最高の思い出になるかと思います。

 

私は以前、夜行バスで旅行に行った時、首や肩だけでなく腰も痛い状態になってしまいました。とりあえず、観光地は回れたものの、なかなか痛みが改善されずに身体を休ませながらでないと辛い状態でした。

そこに眠気も加わっていたので、最悪の状態でした。せっかく遠くまで旅行に来ているのに勿体ない!と思ったこともきっかけとなり、思い切ってネックピローを購入して使用してみました。

 

すると、首回りが包まれるような感覚と首の安定感があり、あっという間に眠ってしまったのです。気付いた時には、あれ?もう着いたの?と驚いてしまうほど、熟眠していたのです。

おかげで、それからは旅行先でさらに楽しく思い出をたくさん作る事が出来るようになりました。もちろん、頭の中もスッキリなので、記憶にも残りやすくなりました。

 

今では夜行バスを使って旅行へ行き、たくさんの思い出作りを楽しんでいます。

 

あなたも、ちょっとした工夫や改善で今後の生活や環境が変わってくると思いますので、是非試してみて下さい。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事