もう偏頭痛に悩まない!痛みを減らしてくれるおすすめの枕とは?

ズキッ!あぁ…また頭痛がきた。

 

頭痛でお悩みの方は多いのではないでしょうか。頭がズキズキする感覚は経験しなければわからない痛みです。

私自身が長年、偏頭痛に悩まされてきました。学校で勉強している時に痛くなるだけでなく、体育で運動中にも痛みに襲われることもありました。大人になっても頭痛が治ることはなく痛みに苦しむ日々は続くことに。通勤や仕事中でも関係なく、偏頭痛は起こります。

 

ひどい時は途中で下車し、痛みが治まるまで休んでから仕事に向かうこともありました。頭痛を感じない方は理解しがたいと思いますが、この痛みはとても苦しいものです。遅刻や早退が多くなってしまい、会社から解雇される経験もしています。頭痛が原因でプレゼンテーションの失敗や遅刻で取引先の方にも迷惑をおかけしたこともありました。

 

休日も遊びにいった際に楽しめないことも多いです。泊りの旅行に行ったときも、きれいな景色よりも部屋で休みたい気持ちに負けてしまいました。友人たちに気を遣ってもらい、申し訳なかったです。その後は誘われても行く気になれないことも多くなりました。

 

時間や場所を選ばずに痛みがくることが偏頭痛の怖いところです。日常の行動すべてに影響を及ぼし、制限をかけてしまいます。今までは偏頭痛は治らないものだと諦めていました。しかし、睡眠不足になったことが頭痛を改善するきっかけになるとは思いもしませんでした。

 

灯台下暗しとはこのことですね。

枕を変えただけで頭痛の頻度が減っていくことを実感しました。長年悩んできた痛みが少なくなり、日常生活を楽しめるようになりました。今までと違って、したいことを選択できる喜びを感じています。表情も明るくなったと言われ、見えている世界が広がっていきました。枕がすべてを変えたといっても過言ではありません。

 

枕のおかげで仕事中や休日も気持ちよく過ごせるようになりました。頭痛を理由に我慢をすることがなくなったことがとてもうれしいです。この記事は偏頭痛で苦しんでいる方たちにこそ読んでいただきたいです。枕を変えて、頭痛から解放されましょう。

スポンサーリンク

偏頭痛はなぜ起こる?

実は偏頭痛が起こる原因は解明されていません。一説によると遺伝が関係しているようです。必ず遺伝するというわけでもないので、個人差がある病気です。頭部の血管が拡張することで偏頭痛を引き起こすと考えられています。日常生活のストレスや気圧などが関係している可能性も。

 

頭痛で苦しんでいる方は多いですよね。偏頭痛は緊張型頭痛と群発頭痛を合わせた3大慢性頭痛の一つです。これらの症状を合計すると、日本では4人に1人の割合になります。ほとんどの人が頭痛を持っているということですね。その中でも偏頭痛は女性に多い症状です。偏頭痛は『前兆や予兆がある頭痛』『予兆がない頭痛』に分けられます。前兆や予兆がある頭痛は全体の約3割です。

 

主な前兆は一日前から数時間前に見られます。

偏頭痛の前兆
・あくびをよくする
・落ち着きがなくなる
・イライラする

 

これらの神経精神症状が見られます。集中力もなくなり、仕事や生活にも影響し始めます。偏頭痛が起こりやすい原因は他にもあります。

偏頭痛が起こりやすい原因
・過度なストレス
・疲労
・多量の飲酒
・タバコを吸う
・女性ホルモンがくずれる

 

これらも偏頭痛を起こすきっかけになります。つまり、体に悪そうなことは偏頭痛につながってしまいます。なので普段の生活を見直す必要があるでしょう。

また目の前で光がチカチカしたことはありませんか。視界がぼやけて、前が見えなくなる人もいらっしゃいます。これは閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる症状で、15~30分程続いた後に頭痛を起こします。顔や手足がしびれる方もいらっしゃいます。体にチクチクした痛みが走ったことはありませんか。感覚障害が起こっていて、読み書きや話すことがしにくくなります。

 

首筋や肩こりがすることも予兆のひとつです。自覚のない方が多いですが、最も起こりやすい症状です。これらの症状に自覚のある方はいらっしゃるのではないでしょうか。私も肩こりやしびれに悩まされ、偏頭痛が起こる頻度が多かったと思います。

 

朝起きたときに頭痛がすることもあり、これも予兆のひとつだったのかもしれません。生活する中で、体は危険信号を送っていたということですね。自分に合わない枕を使っている人は、睡眠中に体を休めることができていません。むしろ緊張状態を作っている可能性があります。

 

呼吸が浅くなり、十分な酸素を脳に送れていないと十分な睡眠を取れていないことになります。夜起きることが多くなり、ストレスがかかっている睡眠になっています。それだけ枕との相性は重要ということです。

 

私は枕を変えたことでこれらの症状が減っていきました。より正確な表現をすると睡眠の質が改善することができました。朝の寝覚めがよくなり、浅い睡眠をしていたころとは違うことを実感しました。今までの寝ていた時間はなんだったのだろうと後悔しましたが、結果として改善されたのでよかったです。

 

通勤時間にふらつくこともなくなり、仕事中も集中できる時間が増えていました。時間が経つことを早く感じ、業務量も目に見えて増えていると褒められました。休暇中も旅行に行くことができるようになり、気持ちのいい過ごし方をしています。頭痛のことを考えることも減りました。

 

最初は枕を変えたことによる効果だとは思いませんでしたが、朝起きたときの感覚で眠りが深くなっていることから、枕のおかげだと確信しました。枕は身近な存在だからこそ、おろそかになってしまいがちです。枕はいい睡眠を提供してくれる最高のパートナーです。一度見直すことをおすすめします。

 

睡眠を改善して頭痛を軽減!

ホッミコッゼ(Homeycozy)肩こり対策  低反発枕

頭痛を軽減することはもちろんですが、肩や首のコリでも悩んでいませんか?一日中疲れが残った状態で過ごしていると、体によくありません。仕事だけでなく休日も充実しないことにつながってしまいます。

 

この枕は人間工学に基づいて設計されている枕です。頭を乗せた瞬間に、体が楽になる感覚を味わうことができます。睡眠中も呼吸がしやすく、脳に酸素が届きやすくなるように作られています。いびきをかきやすい方も安心して使えます。

 

頭を包み込み、ゆったりとした睡眠ができるようになっています。体の力が抜けていくのを感じることができます。私は今までの睡眠が、体に優しくないことを思い知らされました。

体が緊張している状態では質のいい睡眠をとることができません。眠りに入るまでが早くなり、あっという間に朝を迎えました。よく寝た~と言えたのは何年ぶりだったでしょうか。気持ちのいい伸びをすることができました。

 

体の力を抜くことは意外と難しいですよね。自分では意識しながらはできませんが、枕がリラックスした状態を作ってくれることはうれしいですね。偏頭痛の痛みの波が少なくなってきて、体が健康になっていくことを楽しめるでしょう。睡眠の質を上げる枕は心強いです。

 

YEATION 天然ラテックス枕

 

こちらは人の体にやさしい素材を使っている枕ですね。

洗濯もしやすいので、使い勝手がいい商品です。この枕を使っていて思うことは、とにかく安心しますね。枕に頭を乗せてから寝るまでの時間が短くなりました。しっかりした作りで、ほどよい弾力が寝やすい環境を作っています。首や肩のコリが減っていき、頭痛も解消されていきました。

頭がズキズキする波も穏やかになり、枕の効果を感じています。朝起きたときは目が冴えています。気持ちよく目が覚めると、自分の行動も変わってくるものですね。電車や会社でも人に親切にすることができるようになり、感謝されることも増えました。

 

偏頭痛の痛みは体の悲鳴だと思いました。頭が痛い原因は、あなたが意識していないところにあるかもしれません。睡眠は生活を支える大切な時間です。その時間を一緒に過ごす枕は大切にする必要があるでしょう。あなたの体を休ませるために欠かせない存在です。

 

あなたに合った枕は生活を変える力を持っています。偏頭痛でお悩みであれば、睡眠から改善することが痛みの軽減につながる可能性が高いです。枕は睡眠中のあなたを支えてくれています。質のいい睡眠を枕から始めてみませんか。

 

スポンサーリンク

偏頭痛を軽減する枕まとめ

いかがでしたでしょうか。偏頭痛で悩む人は多いです。原因が解明されていない病気であることも不安にさせてしまいますよね。痛みを感じることで、日常生活に支障がある状態になっているかもしれません。その痛みを諦める前に、睡眠を見直すことをおすすめします。

 

枕を変えることで、睡眠の質を上げることができます。

 

睡眠時間はあなたの生活を作っています。枕を見直すことで睡眠時間の改善につながり、より質をあげることでしょう。このように仕事だけでなく休日も偏頭痛に悩まされることも少なくなる可能性は大いにありますので少しでも枕に興味を持ってもらえたらうれしいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。これからのあなたの生活が素敵なものになるようにお祈りしています。

スポンサーリンク
おすすめの記事