毛布が重い?圧迫感がリラックス効果をもたらし快眠をサポート?

突然ですが…あなたの使ってる毛布は重いですか?軽いですか?

実は…最近重い毛布が注目されているんです!!

「えー、重いと寝苦しそう…」

「私は重さがないと眠れない」

意見は様々あると思います。

私も前々から重みがないと眠れない方です。夏になると暑さにかなわず掛物を減らしてしまうのですが、なんだか落ち着かず窮屈な夜を過ごしてました…。

星井
なんで夏はこんなにも寝にくいのかな……?

そして重い毛布の効果を知ったとき、「なるほど!!」とすんなり納得出来ました。私は重いのが好きということだけで掛けていた毛布に、こんな快眠の効果が秘められていたとは…知りませんでした。

皆さんが毛布を選ぶ基準は、体をしっかり暖めてくれる高い保温性という方が多いとは思います。

今回のポイントは「重さ」です!!保温はもちろん大切なのですが、重さも睡眠を左右するのです。マットレスや枕などを整えていても、睡眠に問題を抱えてる場合は毛布も見直してみましょう。自分に合わない毛布も睡眠の質を下げてしまう原因になります。

今回は重い毛布で睡眠の質が変化するということに注目してみていきましょう。

スポンサーリンク

そもそも理想の重さはどれくらい?

何気なく使っている毛布だと、それが重いのか軽いのかなんてよくわかりませんよね。もちろん重さの感じ方には個人差があります。

重い毛布の特徴を見る前に、まずは理想の重さについて説明します。

重い毛布の理想とされる重さの目安は、自分の体重の8~12%が適切とされています。%表記だと分かりにくいですが、大体の目安で見ると分かりやすくなります。

  • 体重40~60kgの人=毛布の重さ5kg前後
  • 体重60~80kgの人=毛布の重さ7kg前後
  • 体重80kg以上の人=毛布の重さ9kg前後

一見重そうに思えるかもしれません。しかし毛布は広げて使いますので、全身に重みが分散されると強い圧迫感は感じにくいと言えます。

もし適切な重みでもなんか物足りないという人は、更に重さを追加するのではなく掛け方を工夫してみましょう。毛布を全開に広げるのでなく、少し畳んでみたり、毛布を1か所に集めるなどして重みの分散する面積を減らすと圧迫感がより感じやすくなります。

重い毛布のメリット・デメリットは何?

ニトリで大ヒットした商品に”重い毛布”があります。ニトリで人気のNウォームと比較すると2倍以上の重さがある毛布です。そんな毛布が売切れ続出でなかなか手に入らないほどの人気に…

一体何が大ヒットの要因だったのでしょうか?

重い毛布にはどんな効果があるのかメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

ホルモンバランス・不安感の減少・不眠の改善と3つの効果で安眠が期待できます。

ではその効果を一つずつ確認していきましょう。

幸せホルモンが睡眠ホルモンを作り出す

幸せホルモンとしておなじみのセロトニンが、睡眠ホルモンを作り出す働きを持っているということなんです。

重みという刺激が自律神経に作用し、副交感神経に働きかけセロトニンを分泌することにより、リラックス感が得られます。そして重みにより増加した幸せホルモンのセロトニンが、眠りを促してくれるホルモンのメラトニンを合成します。幸せホルモンが多く出ている状態なので、自然とストレスホルモンも減少します。

このような関係から、快眠に適したホルモンバランスが作り出されているということになるのです。

不安感の減少でリラックス

寝る前に考え事をしてしまったり、ストレスを抱えていたりすると良いホルモンも分泌されません。

人間の本能として、何かに包まれているような感覚は安心感が得られやすいと考えられます。例えるならば、胎児のころに母親のお腹の中にいた時のような守られている感覚と似ているのかもしれませんね。

適度な重みの毛布が体に掛かることで、包まれているような守られているような感覚が生まれます。それにより安心感を感じることでき、ストレスや不安が和らぎリラックスした状態が作り出されます。

このことから重みのある毛布は安心感を与え、リラックス効果により睡眠の質があがるものと言えます。

不眠の改善で快眠

ホルモンバランスやリラックス効果から、不眠症にも効果が期待できます。

  • 寝つきが良くなる
  • 中途覚醒が減り、熟睡できる
  • 睡眠時間が延び、寝起きもスッキリする

このように不眠の人が悩む睡眠の問題が改善され、快眠できることにより睡眠の質が上がります。

 

 

重い毛布は就寝時に不安感を感じてる人・不眠で悩んでる人におすすめと言えるでしょう。

デメリット

重い毛布を使うと疲れるという人も多くいます。

それは重みにより、血液循環が悪くなることで睡眠の質下がることが主な原因と考えられます。

毛布の重みで動きにくくなるため、寝返りが妨げられます。寝返りは血液循環、体圧分散をする役割を持っています。

寝返りが出来ないと、血液循環が悪くなり肩こりや腰痛など体に痛みが出てしまいます。血流が悪くなるので、手足などの末端に血液が十分に行き届かず冷え性の原因にもなってしまいます。

寝返りは睡眠のリズムを切り替えする役割も持っています。寝返りが妨げられると、切り替えが上手く出来ず、夜中に目覚めるなど熟睡が出来なくなります。中途覚醒が続くと、日々の睡眠不足が積み重なり疲労感が出てしまうのです。

また重いということは、持ち運びも容易ではないのでお手入れするのも少々大変になります。

注意が必要な人!
    • 圧迫感が苦手な人
    • 呼吸器・循環器に問題がある人
    • 睡眠時無呼吸症候群の人
    • 体力的に弱ってる人
    • 新生児や幼児など子供
    • 高齢者

      このような人は身体に悪影響や最悪な場合命に関わることもありますので、使用しないようにしましょう。

      スポンサーリンク

      自宅の毛布を確認!あなたの毛布は重い?軽い?

       

      ご自宅でお使いの毛布を見てみましょう。

      今あなたがお使いの毛布はどんなタイプの毛布ですか?

      簡単な特徴をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

      綿毛布

      綿は比較的重い素材になります。

      ただ綿は手触りが柔らかく丈夫で長持ちしますので、長年多くの人に愛用されてる毛布でもあります。また吸湿性にも優れているので、寝ている間の汗もしっかり吸収してくれるものになります。

      マイヤー毛布

      マイヤー毛布は一番重い毛布と言っていいかもしれません。そのため持ち運びはなかなか大変になります。

      その理由は、マイヤーとは毛布を2枚合わせて編み込んだものになるためです。単純に考えても2枚の毛布と思えば重みがあることも納得できるかと思います。重みはありますが、保湿する力は高いと言えます。

      マイクロファイバー毛布

      近年軽い毛布として人気のあるのが、マイクロファイバー毛布です。

      合成繊維のマイクロファイバーが使われており、柔らかさと高い吸水性が魅力になります。また速乾力に優れているため、気軽に洗濯もしやすく毛布を清潔に保つことができます。

      ニューマイヤー毛布

      マイヤー毛布と名前が似ていますが、ニューマイヤー毛布は軽さが特徴になってます。

      素材もポリエステルやアクリルなど軽いもので、肌触りも滑らかでとても気持ちの良いものになります。軽くても保温はしっかりしてくれるので、軽くて保温力高い毛布が欲しい人にはおすすめです。

      やっぱり重いのが好きという人におすすめの毛布3選!

      やっぱり重い毛布が好き!という人は意外と多くいます。

      まだ体感したことない人は、この機会に重い毛布に包まれてリラックスしてみませんか?

      今までには感じられなかった安心感でぐっすり眠れるかもしれませんよ。

      おすすめの重い毛布をご紹介しますので、ぜひ毛布選びの参考にしてみて下さい!

      1Deep Sleep Blanket

       

      【重量】4.5kg/6kg 【素材】フランネルキルティング生地 【加重材料】ガラスビーズ

      欧米で話題になった加重ブランケットを、日本人の体型を考慮した設計にしてつくられたものです。

      圧迫することでリラックス状態を作り出す「圧迫刺激」が安眠に繋がること間違いなし。安心した気持ちで眠りにつくことができるので「睡眠負債」を解消できるでしょう。

      MサイズとLサイズがありますので、女性も男性もお使いいただけます。

      2Fleece Weight Blanket

       

      【重量】約4.5kg 【素材】シープボアとフランネル 【加重材料】極小ガラスビーズ

      欧米で話題になり、医療現場でも採用されている加圧ブランケットを参考に作られたものです。

      ストレスや不安で睡眠の質が低下しいる人におすすめ。適度な重みで神経を落ち着かせ、安心感を与えてくれ、睡眠の質を上げてくれます。

      シープボアとフランネルのリバーシブルになってますので、気分に合わせてお好きな面をお使いいただけるのも嬉しいですね!

      3加圧ブランケット SLOUN

      【重量】4.5kg/6.8kg    【素材】ポリエステル素材 【加重材料】ガラスビーズ

      「重さ」により睡眠の質を変えてくれます。体に圧をかけ包み込んでくれるような感覚が、抱擁されているかのような安心感や暖かみを与えてくれます。

      それによりリラックス効果が生まれますので、寝つき悪い人に特におすすめ。

      二種類の重さがあるので、男性・女性共にお使いいただけます。

      重いのは苦手・使えない人におすすめの毛布3選!

      「圧迫感がどうしてもダメ…」「本当は重い毛布使いたいけど…身体的に使えない…」「小さい子と寝てるから使えない…」

      そんな人達には、扱いやすいこんな毛布はいかがですか?

      必ずしも重い毛布だけが良い毛布ではありません。重い毛布で睡眠の質を下げてしまったり、身体に負担をかけてしまうのでは意味がありません。

      重みによる効果はなくても、毛布本来の暖かさや肌触りで癒されましょう。

      暖かいのに軽い扱いやすい毛布をご紹介しますので、こちらも毛布選びの参考にしてみて下さい!

      1MOCOA

      画像引用:楽天市場公式サイト

      高い繊維密度で熱をキープをできる、フランネルマイクロファイバーの毛布。

      汗を吸収して発熱する吸湿発熱素材から作られているので、暖かく保ちながらムレも抑えてくれます。機能性を持ちながらも、一枚一枚手間をかけて仕上げを行っているので、とろけるような肌触りを実現しています。

      抗菌防臭、ノンホルムなので小さなお子様にも安心してお使いいただけるでしょう。

      また静電気の発生を抑制する静電気防止加工も施されています。

      サイズはシングル・セミダブル・ダブルの3種類、カラーは9色と豊富なカラーバリエーションの中からお気に入りの一枚を選べます。

      2軽量ニューマイヤー アクリル毛布

      日本一の毛布の産地である大阪泉州産のアクリル毛布です。

      極上でなめらかな肌触りでありながら、薄手で軽量なため扱いやすさ抜群の毛布です。耐久性、吸湿性が格段に高いアクリル素材で、高い保温力が朝まで持続します。毛布の表面と裏面で毛羽の密度を変えていることが、暖かさのポイントになっているのです。

      またクラカーボという静電気防止の素材が使われてますので、安心してお使いいただけます。

      3オールシーズン使える 2枚合わせ綿毛布

      吸水性・吸汗性に優れた天然繊維の綿100%で作られた2枚合わせ綿毛布です。

      しっかり汗を吸い取るのでサラッとしてムレにくいのも魅力のひとつ。適度な厚みがあり春から秋は1枚で、冬は掛布団と合わせて使えまさにオールシーズン使える毛布です。

      なめらかで柔らかい肌触りで、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い方にお使いいただけます。また天然繊維から作られているので、化学繊維が苦手な人・肌が敏感な人にも安心してお使いいただけます。

      まとめ

      いかがでしたか?

      重い毛布はまさに快眠のサポートをしてくれるアイテムでしたね。肌触りや機能性だけではなく、”重み”に大きなポイントがあります。

      身体に適度な重みを与えることでホルモンに働きかけ、リラックス効果をもたらし、不眠の悩みを解消してくれるものです。

      ただ効果感じない人や寝苦しさを感じる人もいますので、全ての人におすすめできるものでもないのが事実です。

       

      皆さんも重い毛布に包まれてリラックスしながら、睡眠の質を上げてみてるのもいいのではないでしょうか。

       

      スポンサーリンク
      おすすめの記事