睡眠は最大の美容法⁈何時間睡眠が美容に最適なのかお教えします!

美容…それは女性にとって永遠の課題ではないでしょうか。

理沙(妻)
最近肌の調子が良くないわ。

歳のせいか身体も丸くなってきた気がするし…

それ!歳のせいだけじゃないんです!美容の最大の敵は普段の生活の中に潜んでいるんです。

その中でも、今回は睡眠時間と美容の関係についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

寝不足は美容の敵!

一言に美容といっても色々ありますよね。お肌に対しての美容と、身体に対しての美容。まずは身体に対しての美容からいきましょう!

寝不足は太りやすい身体にしてしまう?!

皆さんは知っていますか?寝不足って人の身体を太りやすくしてしまうんです。睡眠と肥満には、密接な関係があるんです。肥満度って、1日に7~8時間睡眠をとる人が最も低く、7~8時間より長くても、短くても、肥満度は高くなるんです。

例えばですが、これが毎日5時間しか睡眠の取れていない人だと、8時間睡眠をとる人より、肥満率が50%もアップしますし、4時間以下の睡眠になると、肥満率は実に、73%にまで上がってしまうんです!めっちゃ嫌ですよね…

では、なぜ睡眠が短くなると肥満になりやすくなるのか。それは、「レプチン」という満腹ホルモンが減少し、「グレリン」という空腹ホルモンが増えてしまうからなんです。

さっきの例えでいくと、5時間の睡眠の場合、8時間の睡眠の人より、「レプチン」(満腹ホルモン)が16%少なくなって、「グレリン」(空腹ホルモン)が15%も増えることになります。

私は、睡眠不足に悩まされるようになってから、体重が10キロも増えてしまいました。何もしていなくてもお腹は空いてくるし、初めは我慢してても、夜中になると我慢の限界がきて、結局ラーメンだったり、おにぎりやお菓子を、ついつい食べてしまうんですよ…なんだか寝れないのが、お腹が空いてるせいで寝れない。みたいに思えてきて…(笑)

つまり!睡眠不足の人は、満腹ホルモンが減って、空腹ホルモンが増えるので、食欲が増して、太りやすい体質になる!ということなんです。

夕食が遅くても太りやすくなる!

また、夕食が遅くなってしまっても、太りやすくなってしまいます。それは、食事でとった脂肪を、脂肪細胞に溜め込む働きがある「BMAL1」(ビーマルワン)というたんぱく質が、夜になると、日中に比べて20倍以上も活発に働くせいなんです。

なので、太りやすい体質を作ってしまわないためにも、夕食は寝る時間の3時間前までに食べるようにしましょう。胃腸の働きが、少し落ち着いてから布団に入ると、寝やすくなります。

どうしても夕食が夜遅くに食べないといけない方は、夕方と深夜の2回に分けて食べる、「分食」をおすすめします。2回に分けることで、胃腸への負担を少しでも減らして、寝やすくすることが出来ます。

何時間寝るのが理想的?

では寝不足にならないためには、何時間くらい寝るのがいいのでしょうか。

私は大人になれば睡眠時間は短くても平気だろう。なんて考えていたんです。仕事も忙しかったですし、遊びにも行きたかった。なので睡眠時間を削って両方していました。1日で寝るのは3~4時間程度。それで自分では十分睡眠を取っているつもりでした。

でも実際は、その時はどうにかいけていただけで、身体は徐々に悲鳴を上げていたんですね。目の下にクマを作って、集中力は低下していき、肌はボロボロになって、太っていくのに、胃や腸は弱っていって、胃痛に悩まされ、お腹もよく下すようになっていったんです。

そこでやっと「睡眠」に目を向けたんです。人が本来健康的に過ごすためには、7~8時間の睡眠が必要で、その睡眠の中で、浅い眠りと、深い眠りを90分周期で繰り返しているんです。

そして眠っている間に、先にも言ったいろんなホルモンを分泌したり、逆に抑制したりしています。さらに脳の中では記憶を整理して、定着させたり、消去したりと、本当に寝ている間も人間の体の中では、色々なことが行われているんです。

なので睡眠時間を削るというのは、身体にとって一番良くない行動なんですね。

美肌にはゴールデンタイムがある!?

次はお肌に対しての美容です。実は大人になっても「成長ホルモン」って大切なんです!

よく、「寝る子は育つ」って聞きますよね?なので皆さん、「成長ホルモン」=「寝る子は育つ」=「子供の成長に大切なホルモン」って思っていませんか?

当然子供の成長には最も大切なホルモンなのですが、「成長ホルモン」は子供だけのものじゃないんです。

大人になると、分泌量は減りますが、肌をはじめとする全身の細胞のメンテナンス、新陳代謝にはとても重要なホルモンなんです!

「成長ホルモン」は深い眠りの時にたくさん分泌され、その深い眠りは、寝ついてから約3時間後に集中されているので、この3時間は子供にとっては「成長のゴールデンタイム」であり、大人にとっては「美肌のゴールデンタイム」なのです‼

健康的に、質の良い睡眠を7~8時間取ろうと思うと、22時頃に眠りにつくのが理想的。そうすると、このゴールデンタイムはだいたい22時~2時にピークが訪れます。しっかり睡眠をとることで、肌の水分やコラーゲン、ヒアルロン酸の量が増えて、肌がきれいになるので、この「美肌のゴールデンタイム」を利用しない手はありません!

私はこれを知ってから、寝れないからと、だらだら携帯を見たりするのをやめて、眠れなくても目を閉じるよう意識しました。最初のうちは全然寝れなくて辛かったのですが、段々寝れるようになって、特別な運動はしていないのに、1ヶ月経つ頃には3キロ体重が落ちていました。

その頃には、散々荒れていたお肌も綺麗になって、周りの人から「顔が明るくなった」と言ってもらえたんです。

睡眠をなめてはいけないんだな。っと本気で思いましたね。(笑)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は睡眠が美容にどう関係しているのかをお話しました。睡眠を削ると、身体にもお肌にも良くないことがお分かりいただけたと思います。

寝不足は、太りやすい体質を作り、身体の美容を損ね、ホルモンのバランスを崩して、肌の美容を損ねるのです。

睡眠時間を確保するのは、なかなか難しいです。ですがちゃんと睡眠を取ることによって、得られるものの方が、より多いのです。

睡眠をしっかりと取って、美しい身体と、綺麗なお肌を手に入れましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事