枕カバーで肌が生まれ変わる⁉枕のタオルで肌荒れ解消法とは?

「朝起きた時に昨日までなかったニキビが増えてる・・・」

 

敏感肌の方や肌荒れしやすい方だと、こういう経験したことありますよね。私も思春期の頃、敏感肌でホルモン成長期真っ最中、よくニキビや肌荒れに悩まされていました。

 

「しっかり顔を洗ったはず・・・」

「寝る前にクリーム塗ったのにニキビが増えてる!?」

こんなことがしょっちゅうありました。

 

特に女性の方だと肌荒れを隠そうと厚化粧したりして、余計に肌に負担がかかってしまいます。

 

男性でも肌が汚いというだけでいじめられたり好意のある女の子から避けられたりした日にはもう・・・(涙)⇐私の実体験です。(笑)

 

そこで「新しい化粧水に変えてみよう!」

「もう少し高いクリームを買ってみよう!」

と試行錯誤したりしますが、実は原因は他のところにもあります。

 

あなたは枕のカバー又はタオルを気にしたことありますか?いくら顔を清潔に保てても、寝てるとき人は完全に無防備状態です。枕カバーの中にある菌や粗目の生地のタオルなどで、あなたの神聖なお顔を知らない間に傷つけているのです!

 

そこで!枕カバー・タオルの素材や特徴を知ることであなたの今までの人生が変わります!

 

化粧水やクリームに頼らず、就寝中の肌への負担を減らすことに重点をおき、肌荒れ解消への道をきり開きましょう!

 

肌が変わればあなたの表情も変わります。想像するだけで楽しくなりますよね。私も半信半疑で質の良いタオルに変えましたが、正直「ここまで変わるのか!」と驚愕しました。(笑)

 

今回は私の実体験を元に、枕カバーやタオルによって肌荒れ改善に繋がることを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

寝てる間にこんなに枕は汚れる!?

ベッドに横たわる女性

枕カバーやタオルって毎日洗濯してる方ってなかなかいないですよね。

毎日洗濯してるよ!毎日枕カバー・タオル変えてるよ!というあなたは非のうちどころがありません。大体3~4日、もしくは1週間以上放置してる方が大半だと思います。

 

就寝中でも汗や皮脂は多少なりとも分泌されています。

さらに、肌の再生は23時から深夜2時の間が一番活発に働きます。新たな皮膚が再生され、古くなった角質は剥がされていきます。

 

この剥がされた角質はどこへいくのか?

 

答えは枕カバーやタオルについたままになります。

 

一見、肉眼では確認しにくいものの、しっかりと角質や汚れは枕カバーに日々蓄積されていきます。

その状態でまた次の日、次の日と繰り返していけばもはや老廃物の上で寝ていることと同じになってしまいます!

 

夏場などはさらに、就寝中でも知らない間に汗をかきます。汗をかけば肌はベタベタになり、余計に枕カバーやタオルについた老廃物がつきやすくなってしまいます!

 

このままではいくら肌のお手入れをしていても一向に改善されません。注目するのは、あなたが今使っている枕カバーやタオルは果たしてあなたに合っているか!?ということになります。

 

次は枕カバーやタオルの素材について詳しく説明していきましょう。

 

枕カバーやタオルの素材で劇的に変わる!?

テーブルに積まれたまくら

カバーやタオルの素材は大きく分けて化学繊維と天然繊維に分けられます。

まず、化学繊維の特徴と言えば、合成繊維(石油などを利用して科学的に合成されたもの)と呼ばれるポリエステルやナイロン、アクリルといったものでしょう。

化学繊維の素材の特徴
・シワになりにくい
・型崩れしにくい
・耐久性にすぐれている
・価格が比較的安い
・速乾性がある

これらを用いた素材はこのような特徴があります。

 

一人暮らしの方や枕にそこまで予算をかけたくない方はこの素材を使っているのが多いと思います。しかし安い分デメリットもあります。型崩れや耐久性が優れている分、硬くゴワゴワしてるものが大半です。速乾性はありますが、吸湿性は天然繊維に比べると劣ります。

 

もう一方の天然繊維の特徴は、植物から生まれる植物繊維と動物の毛や繭から生まれる動物繊維があります。枕カバーやタオルに使われるのはリネン(麻)やコットン(綿)などの植物繊維が代表的です。

天然繊維の素材の特徴
・強くて丈夫
・肌への負担が少ない
・使うたびに自然な味わい、風合いが増す
・静電気が発生しにくい

これらを用いた素材はこのような徴があり、化学繊維用いた素材に比べれば価格は上がるものの、肌へのダメージが少ないことや一度使うとその柔らかい感触や肌触りがダントツに変わります。

 

さらに吸湿性に優れているので、就寝中にかく汗を吸ってくれます。

 

余談ですが、天然繊維のタオル生地に変えてからは肌荒れだけでなく、寝つきの良さも変わります。寝心地が変わります!

 

私はいつも寝るときに、丁度いいポジションを探すところから始まってました。(笑)試行錯誤する間に30分、1時間とかかる時もありました。やっと寝落ちしたと思えば、寝起きはスッキリしない時もありました。昔は安物の物を使っていたので、こういう経験が多かったです。

しかし枕カバーを見直そうと思い、色々ネットで調べている時に、素材は天然繊維の方が肌に優しいことにきづき、質の良いものを探しました。

 

昨今、天然繊維を用いた枕カバーやタオル生地が数多くありますが、私が実際に使用したこともあるものを含めて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

オススメ!厳選枕タオル3選!

様々な枕カバーやタオルがある中で、私が実際に使った時に「これは良かった!」と思った商品を厳選して3種類紹介します。

 

同じく肌荒れに悩むあなたにもきっと役に立てると思います。

 

mofua (モフア) 枕カバー 綿100% タオル地

価格: 1293円
サイズ(約): 43×63cm
本体重量: 約0.15kg
素材: パイル部:綿100%、グランド部:ポリエステル100%

 

吸水性の良さ・適度な保湿性のタオル生地は使い心地が抜群!!やはり肌に直接触れる素材は綿100%の素材がいいですよね。ふわふわの触り心地と速乾性をみれば王道のタオル生地です。

カラーも豊富でなんと10種類‼寝具に合わせれるので使いやすさ抜群です!

 

のびのび 今治 枕カバー タオル地

価格: 1599円
素材: 綿(コットン)95% ポリウレタン5%
サイズ: 43×63cm用

 

日本最大のタオル産地の今治が独自の製法で作りだした枕カバー。今治タオル地で柔らかく肌に馴染みやすいだけでなく、素材がよくのびるので、どんな形の枕にも柔軟に合わせることが出来るのが強みです。

口コミではお子さん用に使っていたが、いつのまにかお母さんまで一緒に使いたくなる程リピーターが増えています。今治という有名ブランドの安心感もあるのでオススメです。

 

今治産タオル もこもこ タオル

価格: 2700円
サイズ: 約45×90cm(袋状になっています)
重さ: 1枚あたり 約395g
素材: 高級綿
生産地: 愛媛県今治市

 

パイル地のタオルを起毛させて羊のようなもこもこしたタオル地で、ワンランク上の肌ざわりを体感することが出来ます。

もこもこした柔らかい風合いで一見毛羽落ちが心配ですが、通常のパイル織物よりはるかに毛羽落ちが少ない高機能加工(脱毛率0.01%)となっています。

 

今まで使ってきたタオル生地の中で断トツで高性能な商品です。ふわふわ感があからさまに変わります!肌ざわり・吸水性・摩擦0と正にいいとこどりです!

 

友人に紹介してもらってから試しに購入して使っていくうちにみるみる肌の調子が良くなっていきました。かなり感動しました。

おかげさまで今ではかなり肌に自信が持てるようになりました。もうこれしか使えないほど気に入っています。

 

同じく肌荒れに悩んでいた知人の女性にこの感動を伝えたい一心で紹介したところ、みるみるうちに肌の調子が良くなってきたとかなり喜んでいました。

 

肌の調子が良くなってきて表情も明るくなりました。性格も前向きになり男性に告白された!と喜んでいました。

お付き合いしてからその男性と結婚し、現在2児のママさんをしてます。

家では家族全員この枕カバーを使っているそうです。(笑)

 

お値段はちょっと張りますが、肌のことを考えれば一度購入を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

肌荒れに悩むあなたは化学繊維のタオルよりも天然繊維のタオルに変えてみましょう。さらに天然繊維の中でも、綿やコットン、シルク・さらには動物性の素材に気にしてみてはいかがでしょうか。

ポイント
・タオルの質による肌への負担(摩擦力があるものは極力避けるように!)
・タオルの素材(特に肌ざわりや柔らかさを重点におくように!)
・汗かき対策で吸水性などに着眼する 
・数ある天然繊維のタオルから自分に合ったものを見つける

 

以上の点に気を付けていれば今までの苦労がウソのような人生が待っているはずです。強いて言えば、好みは人それぞれありますので、自分に合う肌触りや柔らかさ・吸湿性の良いものを探してみましょう。

化粧水やクリームを変える前に毎日使う枕のタオルのことに意識してみて下さい!

あなたの肌を守る大切な役割を担っています!

 

肌荒れが改善されれば、表情が明るくなります。性格も前向きになり、人生楽しくなります。人の目を気にすることがなくなりますので、堂々と胸を張って生きていきましょう!

 

枕のタオルに変えてあなたの人生も変えちゃいましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事