低反発マットレス!本当に体に良いオススメグッズなのか!?

睡眠はとても大事なもの。みんな快眠を目指し、気持ちの良い目覚めを求めています。その希望を叶えるアイテムとして「低反発マットレス」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?今回はそんなマットレスについて本当にオススメなのか調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

低反発マットレスとは?

体に良いといわれる低反発マットレス。一体どのような特徴があるのでしょうか?合わせて高反発マットレスも調べてみました。

■ 低反発マットレス ■
・圧力により形が変形したあと、ゆっくりと復元
・体にかかる圧力を全体的に分散
・体が沈んでしまうため、寝返りが打ちにくい
■ 高反発マットレス ■
・反発力が高いため、指で押して離すとそのまま元の形に戻る
・高い反発力で体圧を分散
・無駄な力がいらず、自然に寝返りが打てる

ふむふむ・・・調べていくと低反発マットレスは「NASAが打ち上げの際の宇宙飛行士の衝撃を和らげるために開発した素材」と出てきました。「ほぅ~すげぇ~!NASAが開発した素材というだけど体によさそう!」と思っちゃいました(笑)寝返りに関しては、高反発マットレスの方が優れているようですね。

本当に低反発マットレスは体に良いのか?

低反発マットレスは体が沈み込み、包んでくれるような柔らかさがある反面、寝返りが打ちにくいという特徴があることがわかりました。

人は寝返りを打つことにより血液の循環を促し体の疲れをとるのですが、低反発マットレスはそれが難しいようです。

「体が沈み込み、寝返りが打ちにくい」とういことは、同じ姿勢を長時間続けることになります。これは腰に負担をかけますね。私自身も腰痛もちで、出張先で柔らかいベッドで寝た翌朝などは、起きてもすぐには動けない時もあります。

スポンサーリンク

体型に合わせて選ぶ必要がある?

低反発マットレスは柔らかく体にフィットするため、体重の重い人は寝返りが打ちにくくなります。

そのため、朝の目覚めが悪かったり、だるさを感じる人もいるかもしれませんね。マットレスの程よいフィット感を感じられるのは体重の軽い人となるのかもしれませんね。


 

お手入れの方法は?

マットレスはお布団の仲間ですので、やはり一番に頭に浮かぶのは「天日干し」ですよね!

しかし、低反発マットレスの素材のウレタンは「紫外線」に弱いのです。お日様に当て続けるとボロボロになってしまい、寝心地は悪くなり、見た目にも良い状態とは言えないようになるかもしれません。

高反発マットレスの場合、朝起きた時に掛け布団をめくって、ベッドシーツもしくは敷きパッドを空気に触れさせ、乾燥させて終了。ベッドシーツや敷きパッドを週に1~2回交換するだけでOK!

低反発マットレスより高反発マットレスの方が、お手入れは楽そうですね。やはりお布団はお日様に当てたいですもんね!

 

 

 

 

まとめ

マットレスは心地よい睡眠をえるためのグッズとしては良いけれども、やはり体に合う合わないがあり、違和感を感じるものを使い続けると体に不調が生じる可能性があるかもしれませんね。

体重や体格の違いなどで判断し、低反発・高反発のどちらを選択するか吟味する必要がありそうです。

低反発マットレスは体全体を包み込み、やわらかで寝心地は良いけれど・・・腰痛もちの自分としては、寝返り重視で高反発マットレスを選択しますね!

あなたも自分に合ったマットレスで心地よい睡眠を手に入れ、スッキリさわやかな朝を迎えましょうね!

 

おすすめマットレスはこちら!

エムリリー優反発シリーズ
腰痛や体の疲れでお悩みなら・・・
腰痛・背中の張り・朝起きても疲れが残っている・夜中に目が覚める・・・もしあなたがこのような悩みをお持ちでしたら、エムリリーの優反発シリーズをおすすめします。
私が1か月以上使い続けた結果、これらの悩みが改善され、さらに睡眠の質が上った、寝つきが良くなった、よく歩くようになった、寝るのが楽しくなった等の変化が起こりました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事