できる人こそみんなやっている!!おすすめの仮眠の取り方とは!?

突然ですがあなたは仮眠とっていますか?

仮眠を普段していないよっていう方はラッキーです!

なぜなら仮眠って素晴らしい効果があり、あなたはそれを知ることができるチャンスがあるからです。

さらにその仮眠の取り方をこの記事では紹介していきます。

現在国際的にみても日本人はトップクラスで睡眠不足なんです。朝起きて何かだるいと思う方や、昼を過ぎるとなんか眠たくなるっていう人も多いんじゃないんでしょうか。もしそのまま勉強や仕事を続けていると、頭が回らなくなってしまったり、作業効率が悪くなってしまったりしてしまうんですね。

 

そんな生活をずっと続けているといつかガタがきてしまいます。体に無理をさせて働いているわけですから。

 

反対に仮眠を適切にとると、脳をリセットをさせることができ、その後の作業効率が格段に上がります!その調子で夜までその効果を保たせることができます。

そんな仮眠の取り方についてお伝えしますね!

スポンサーリンク

こんなにあるの?仮眠の効果

まずは仮眠の効果について下にまとめてみました。

 

  • 頭がクリアになり、起きた後の作業の効率が上がる
  • 睡眠量の調節ができ、健康的になれる
  • 疲労回復にもつながる

このようなメリットが過眠にはあるんですね。

 

逆にデメリットって考えてみると…あんまり思いつかないんですよね。強いてあげるなら仮眠をする時間をとらないといけないということくらいでしょうか?

でもそれでも勉強中や仕事中でもたった15~20分時間をとるだけで先ほどの効果をとることができるのは魅力的ですよね?

では次にそんな仮眠の取り方について解説していきますね。

どうやるの?仮眠の取り方

仮眠というのは2種類存在します!

主に平日の勉強中や仕事中に行う「パワーナップ」、休日にできる「ホリデーナップ」というものがあります。

それについて詳しく解説していきましょう。

たった15~20分の仮眠!?~パワーナップ~

昔、学校の授業中眠くなって寝てしまったけど、寝たら次の授業で覚醒したっていう経験ないですか?

ざっくり言うとその延長線上がパワーナップです。

パワーナップの仕組み

睡眠というのは90分を一サイクルとして浅い睡眠であるレム睡眠と深い睡眠であるノンレム睡眠を繰り返して行っています。

パワーナップはノンレム睡眠に入る前にレム睡眠の間に起きるというものです。

レム睡眠の間に覚醒すると、頭がすっきりした状態で目覚めることができ、次の作業にすぐに打ち込むことができるのです!

逆に20分以上眠ってしまうと、ノンレム睡眠状態に入ってしまうので寝起きが格段に悪くなってしまうので注意が必要です。

パワーナップの仕方

まず、仮眠をとることを決めたら、コーヒーや紅茶、緑茶を飲んでカフェインをとりましょう。

ここで疑問に思う方も多いでしょう。

寝る前にカフェインをとったら眠れなくなるじゃんって思うと思います。

でも大丈夫です!

カフェインってそんなにすぐに効果は出ないんですよ。ちょうど15~20分で効果が出てき始めるので逆にちょうどいいんです。

つまり仮眠から覚めたタイミングでカフェインの効果が効き始めるんです!

そしてついに本題の仮眠です!

ここでのコツは絶対に寝転んだり、熟睡してしまうような姿勢で眠ってはいけないということです。

やはり15~20分で起きようと思って対策をしていたとしても、そうは問屋が卸さないんです。

人は眠気には勝てないんですよ…

その代わり仮眠の効果を高めるためにアイマスクや耳栓、仮眠用の枕を使うことをお勧めします。

これを使うことで睡眠の密度を高めることができるんです。

パワーナップの注意点
パワーナップには注意点があります。それは仮眠する時間帯を考えることです。
パワーナップが効果的に聞く時間帯は朝起きてから6~8時間後といわれています。つまり6時に起きた人は12~14時にパワーナップをとるのが効果的なんです。
逆に夕方にパワーナップをとろうとしてしまうと、次は夜眠れなくなってしまい、生活バランスが崩れてしまうので健康面で悪くなってしまいます。
このような長期的な問題を抱えてしまうことになってしまうので起きてから8時間を過ぎたらその日の仮眠はあきらめましょう。

休日におすすめ!?~ホリデーナップ~

平日パワーナップを習慣としてとっていたとしても、どうしても慢性的な睡眠不足からはすぐに抜け出せないわけです…

そんなとき土日や時間が取れるときにできるのがホリデーナップです!!

ホリデーナップの仕組み

前述のとおり、睡眠にはレム睡眠、ノンレム睡眠というのがというのがあり、90分を一サイクルとして睡眠は成り立っています。

ホリデーナップというのはその一サイクルの睡眠をとることです。

深い睡眠をとることができるのでパワーナップよりも効果は強くなります。

ホリデーナップの取り方

ホリデーナップをとる方法はそんなに難しくありません!

90分後に目覚まし時計をかけて眠るだけです。

これはパワーナップとは違ってソファやベッド、布団で寝てもかまいません。

というかその方が疲れが取れていいですよ!

ホリデーナップもパワーナップと同じであまり遅い時間にとってしまうと夜眠れなくなって生活バランスが悪くなってしまうのでお勧めできません。

また、90分仮眠する時間が取れなかったとしても小分けにしても、多少効果は落ちるのですが、パワーナップよりは効果があるのでお勧めです!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仮眠っていいことだらけでこんなにも簡単にできるんです。

 

あなたの身の回りにいるできる人は仮眠を上手に使っているのかもしれませんよ!

あなたも仮眠を駆使して、出来る人を目指してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事