枕が黄ばんじゃった!臭いもする!そんな時適切な洗い方は?

あなたは定期的に枕を洗っていますか?

私は今は結婚してますが独身時代は凄くずぼらでして、住んでいたアパートは友達曰く『ナウシカの腐海だ』なんて呼ばれる程散らかっていました。

その為、枕なんて購入してから洗う事なく数年ほど使用していました。

そんな生活を送っていましたがある日、県外の仲のいい友達が四人ほど私の家に来ると言い出し、私は部屋が汚かった為、何とか断ろうとしたのですが結局押し切られた為、家の大掃除をする事にしました。

3日後に来ると言う事だったので大急ぎで掃除をし、自分でもビックリなのですが70Lのゴミ袋が5袋分パンパンになり、自分のずぼらさに呆れ返っていました。

そして当日、友達が家にきて『思ったより綺麗じゃん』と言われ少しホッとしたのも束の間、友達の一人がベッドにダイブし、一言言い放ったのです。

『枕がやばい』

私も『どう言う事』と思いましたが、友達は続けて『枕がやばい、臭すぎる、よくこんなので寝れるな』と少し引いた感じで言われました。

『そんなはずは…』と思い自分でも嗅いでみましたが特に何も臭わなかったのですが、他の三人の友達も口を揃えて『臭い』と言うため

一度カバーを外してみたところ、のあちこちが黄ばんでいました。

その後は、みんな笑ってくれましたが、内心凄く恥ずかしかし、自分の生活臭って自分では分からないんだなと一つ学びました。そんな事があり、私は人一倍枕の臭いや黄ばみに敏感になり、現在では定期的に自分で干したり洗ったりしています。

そんな経験を生かし、今回は私が行なっている枕の黄ばみ取り術や洗濯法、オススメの予防策をしょうかいしていこうとおもいます。

スポンサーリンク

枕の黄ばみ、臭いの原因は?

枕の黄ばみの原因は主に2つあります。

1つ目は寝汗、

2つ目は皮脂(ひし)です。

また、例外としてたばこを吸う人なんかで、寝タバコも原因として考えられますが今回は、寝汗、皮脂について詳しく解説していきましょう。

寝汗による枕の黄ばみ

人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかいていると言われています。

驚きですよね、私もコップ1杯ってびちゃびちゃになるじゃんと思いました。ですが、びちゃびちゃにならないのは空気中に蒸発したり、枕や敷布団が少しずつ吸収してくれているからです。

そして、吸収された汗が年月を重ねて黄ばみに変色します。

具体的にいうと、汗は99%以上が水分でできており、残りの1%塩化ナトリウム、アンモニア、尿素、乳酸などでできています。水分は蒸発するためいいとして残り1%の部分が汚れとして枕に残留し、黄ばんでしまいます。

Yシャツなんかがいい例です。Yシャツは着るたびに洗濯しますよね、それなのに首元や袖口が黄色くなってしまう、なんていう経験があるとおもいます。

人から出る汚れは、どんな美人さんや、イケメンでも皆さんが思っている以上に汚いということです。

星井
汗って透明なのに黄ばみの原因になっちゃうんですね。 

皮脂による黄ばみ 

人の体の表面は、乾燥から肌を守るために常に皮脂という油でおおわれています。

当然、頭皮にもこの皮脂はあります

そして、頭は寝ている間ずっと枕を敷いていますよね。その結果、枕の表面に皮脂が付いてしまい、それが空気中の酸素と反応することで酸化し、黄ばんでしまいます。

例としてバターを思い浮かべてみて下さい。バターってそんなにたくさん使わないから、結構長い間、冷蔵庫に保管してますよね。で、ついバターの蓋をしっかり閉め忘れていた時に気づいたら表面だけ色が濃くなっている、なんて事ありませんか?

あれは、バターの油分が酸素と反応して変色しているわけです。

それと一緒の事が枕でも起こっているのです。

星井
脂汚れって聞くとイメージ悪いですね。 それに酸化で色がかわるんですね。
野菜とか果物なんかも切った後、そのままにしておくと色が変わるけどあれと一緒の現象ってことなのかな?

 

臭いの原因は 

臭いの原因は単純です。

上記の汗、皮脂がたまり、それを放置する事で臭いが発生します。人間と一緒で、人間を何日もお風呂に入らないと、周りの人が鼻を摘むほど臭くなってしまいますよね。

つまりは、定期的に洗わないといけないという事です。

星井
私は実際に友達に『臭い』といわれましたからね。
臭いって基本的にみんな嫌いですよね。 臭くならない為に、めんどくさがらず洗う事が大切ですね。

枕の黄ばみの取り方

枕の黄ばみを取る為には洗う事になるのですが、枕は種類によっては洗えないタイプの枕もあります。その為、最初に枕の種類について紹介していきます。

枕の種類

枕によっては水洗い不可な枕があったり、干し方が違ったりします。その為、まず代表的な枕のタイプをいくつか紹介し、水洗いの不可、干し方を見ていきましょう

パイプ

パイプとはストローを切ったような物がたくさん入っている枕です。

ポリエステル

わた状の人工繊維です。
わたのような素材で、クッション性があり、ふんわりとした感覚が特徴です。

ビーズ

超極小の発砲ビーズを使用した枕。

発泡スチロールを米粒より小さくした素材で、独特の沈み感が特徴です。

そばがら

読んで字の如く、蕎麦の殻を使用した枕です。日本では昔から使用されており、固めの枕となっております。

羽根

羽根素材は、水鳥の羽根を採取して、洗浄消臭を施した天然素材でできた枕です。ポリエステルの人工繊維とは違い、独特の柔らかさ、高級感があります。

ウレタン

NASAが開発したスポンジ状の素材を使用した枕です。独特な柔らかさがあり、ゆっくり沈み、ゆっくり戻るのが特徴です。

コルマ・ミニボール

コルマ・ミニボールとは、中が空洞になった直径1cm程度のプラスチックボールで、両端に穴が開いており、通気性がいいのが特徴です。

 

 水洗い早見表

枕の種類 水洗い
パイプ
ポリエステル
コルマ・ミニボール
そばがら ×
羽根 ×
ビーズ ×
ウレタン ×

注意:ポリエステルには水洗い不可のタイプもあります。それとは逆にビーズには水洗い可の物もあります。

 

干し方早見表

枕の種類 天日干し 日陰干し
パイプ ×
ポリエステル ×
コルマ・ミニボール ×
そばがら ×
羽根 ×
ビーズ ×
ウレタン ×

 

上記の洗い×の枕も洗っては絶対ダメ! という事では無いのですか洗うと性能が落ちたり、カビの原因になりうるため、出来るだけ水洗いは避けた方が良さそうです。

また、企業さんの努力により×の枕でも洗えるように進化している物もありますので、一度枕のタグで洗濯絵を確認するようにしましょう。

 

洗濯絵表示一覧

引用元:co-cp

枕の黄ばを取る場合は、まず家庭洗濯の欄で水洗い出来るかどうか、漂白の欄で漂白剤が使えるかどうか、乾燥の欄で天日干しか日陰干しかどうかを見てから行いましょう。

星井
枕ってなんでも洗える訳ではないんですね。
洗う時はまずタグ確認が大事そうですね。

黄ばみの洗い方

枕の黄ばみの取り方をいくつか紹介していきます。

漂白剤を使用した黄ばみの取り方

まず、漂白剤を使用するため枕のタグを確認しましょう。

引用元:花王

このどちらかのマークが入っていれば漂白剤が使えます。確認したところで早速洗い方行ってみましょう。

用意する物

1.衣料用の漂白剤(今回はワイドハイターEXで説明していきます)

 

2.40度程のぬるま湯

3.枕をつけるための桶かバケツ

手順1.桶またはバケツに40度のぬるま湯を貯めます。

手順2.貯めたお湯に対し、ワイドハイターを入れた溶かしていきます。

入れる分量はお湯1Lに対してワイドハイターを5gなので用意したお湯の量に合わせて調節してください。

手順3.上記の液に枕を30分~1時間つけます。

注意、2時間以上はつけない事‼︎

色落ち、生地の痛みの原因になります。

手順4.洗濯機、もしくは手洗いで洗います。

手順5.枕の素材に合わせて天日干しもしくは日陰干しをします。

 

星井
漂白剤って聞くと色落ちが気になったりするけど、ちゃんとつけ時間さえ守れば大丈夫みたいですね。

重曹を使った黄ばみの取り方

用意する物

1.水

2.洗面器

3.重曹

手順1.洗面器に水を張り、重曹を溶かし、ペースト状にします。

重曹の分量は水1に対し重曹2です。

手順2.汚れ部分に上記で作った物を塗り込み、30分~1時間程放置します。

手順3.きれいに水洗いし、天日干しまたは日陰干しをします。

黄ばみが頑固な場合は、重曹のペーストを塗り込み、歯ブラシなんかで擦るとより効果的です。

 

星井
重曹って家中、色んなところの掃除で活躍しますね。
まさに魔法の粉ですね! 

中性洗剤を使用し黄ばみを取る

中性洗剤を使用する事により水洗い不可の枕も部分的に洗うことが出来ます。

用意する物

1.中性洗剤(キャップ一杯程度)

2.ぬるま湯

3.タオル

手順1.中性洗剤をお湯に溶かします。

手順2.タオルに浸し強く絞ります。

手順3.タオルで汚れ部分を擦ります。

注意、枕が濡れてしまはないようにタオルはしっかり絞りましょう

手順4.天日干しまたは日陰干しをします。

 

星井
水洗い不可の枕もこれでバッチリ洗えますね。
でも、洗う時には極力濡らさない様に注意ですね!
スポンサーリンク

黄ばみの予防策

せっかく黄ばみを取って綺麗にしたのんだからこの先ずっと黄ばみないで欲しいですよね。

綺麗な枕でぐっすり眠りたいですよね

その為、黄ばみ予防策をいくつか紹介します。

1.枕カバーを使用する。

そんな当たり前じゃんと思うかもしれませんが一様大事なことなので紹介します。

枕カバーを使用する事で直接枕に触れる事を防げる為、皮脂による黄ばみを抑える事がてきます。

2.枕の上にタオルを敷く

これは綺麗好きの人なんかがたまにやっていますよね。

実はこれも効果的で、汗をタオルが吸ってくれる為、枕に汗が届きにくくなり汚れの予防になります。

枕カバーと併用するとより効果的です。

また、タオルは洗濯が容易なので、毎日交換する事をお勧めします。

 

3.乾燥させる

枕の素材に合わせて天日、日陰干しを選び乾燥させましょう。

毎日とは言いません、1回程度で干すのがいいと思います。

またハンガーに掛からない、干し辛いなんて方には枕専用のハンガーなんかも有りますので参考に。 

4.枕プロテクターを使用する

 枕プロテクターを使用する事でいっそう枕本体に汚れの原因が届きにくくなります。

星井
枕プロテクターに枕カバーそれにタオルを敷いた時には、もう鉄壁の守りになりますね!

枕が臭わない為に

枕が臭わない為には定期的な洗濯や干す事が重要です。

水洗い可の枕は週1回ほどで洗う事が望ましいと言われています。洗濯絵のタグを見てしっかり適切な洗いを行いましょう。

水洗い不可の枕は週1程で枕を干しましょう。そして年2回ほどクリーニングに出すこと。

また、除菌スプレー消臭スプレーなんかもすごく効果的なので使用する事をお勧めします。

 

星井
水洗い不可の枕のクリーニングは夏の終わりなんかに出すと良さそうですね。
夏はたくさん汗をかくので!

まとめ

*枕の種類を確認し水洗い可能かや、干し方を確認しましょう。
*洗濯絵を見て適切な洗い方、干し方を確認し、黄ばみを落としましょう。
*枕カバー、枕プロテクター、タオルなどを使用したり、定期的な乾燥を行い、黄ばみ予防を行おう。
*枕が臭わない為に定期的な洗濯、乾燥を行おう。

基本的には定期的にお手入れをしていれば、においや黄ばみは防ぐことが出来ます。

清潔な状態を維持して健康な体をつくる環境を手に入れましょう!
スポンサーリンク
おすすめの記事