枕で眠る赤ちゃんに幸せを!その枕はほんとうに赤ちゃんのため?

赤ちゃんが生まれたときは幸せの絶頂ですよね。

なにものにも変えることができないたったひとつの宝物です。眠っている赤ちゃんの寝顔を見て、たとえ何があってもこの子を守ろうと思います。

私も我が子が生まれたときは、

「この子を守るためなら何だってしよう。この子が悲しむことは絶対にしないでおこう。そして、健やかに、ただ元気に育ってほしい!」

と、まだ目も開かず、自分よりもはるかに小さい手と足を持った我が子の安心しきった幸せそうな顔を見ながら誓いと願いを心に刻んだものです。

 

当然、赤ちゃんには常に幸せでいてほしいと思うもの。

そんな赤ちゃんに枕はいるの?枕をつかうのはいつからがいいの?といった疑問から、赤ちゃんと枕について説明させていただきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんに枕はいるの?いらないの?

赤ちゃんに枕はいるの?と必ず1度は考えたことがあるかと思います。

結論からいうと赤ちゃんの頃には、枕は必要ではありません。正確には、大人がつかうような枕は不要です。

なぜなら、赤ちゃんの背骨はお母さんのお腹の中で常に丸まった姿勢でいたこともあって、C字型に曲がっています。私達大人の背骨はS字型にカーブしているので枕で頸部を支えることで睡眠時の姿勢を整えることができますが、C字型に曲がっている赤ちゃんは枕で頚部を支えなくても睡眠時の姿勢に負担はないとされているからです。

逆に支える必要がない頚部に無理に力をかけたらどうなるでしょうか?

呼吸がしにくかったり、首や肩が痛くなったりしますよね?赤ちゃんも同じです。

私も夜なかなか寝てくれなくて、ドライブにつれていき、やっと寝てくれた!と思い、そっとベッドにおいたら、起きて大泣き…、もう一度ドライブに出発するといったことが良くありました。

 

これはC字型に曲がっている背骨がベッドにおかれたときにのびてストレスになり、起きてしまったということです。

大人がつかっている枕を赤ちゃんにつかうということは、赤ちゃんに対してストレスをかけるのと同じことになります。絶対にやめてください。赤ちゃんがつかう枕には大人とは別の目的があります。

そのため大人の枕に比べて形や厚さが違います。

赤ちゃんに枕をつかう目的は?

 

頭の形の歪みや絶壁、頭の向き癖を防止したい

うちの子、もし頭の形が歪んでしまったらどうしよう…と思ったことはありませんか?

赤ちゃんの頭は、とても柔らかく、寝返りもできないといつも同じ姿勢で眠ることになり、頭の一部分のみに圧力がかかり、頭の形が歪んでしまいます。

これはどんなに注意していても多かれ少なかれ起こってしまうことです。

そんなときに、ドーナツ枕をつかうと、頭に加わる力が分散し、頭の形の歪みや絶壁を防ぐことができます。

また、赤ちゃんがいつも同じ方向に頭を向けて寝ていませんか?

それは向き癖がついている証拠です。向き癖がついてしまうと23週間放置しただけでも床に接する側の頭の形がへこんでしまうことがあります。そんなときに、中央がくぼんでいるドーナツ枕を使用すると、しっかりと上を向いて寝てくれるので向き癖の予防になります。

また、頭に加わる力を分散してくれるので、赤ちゃんが同じ方向を向いたまま眠ったとしても、頭の形が歪んだり絶壁になりにくいです。

吐き戻しを止めたい

赤ちゃんを寝かせようとすると吐き戻してしまい服もベッドも汚れてしまった!ということはありませんか?

これは、まだ未熟な赤ちゃんの胃のつくりによるもので、自然な現象なのですが、やはり心配になります。母乳やミルクを飲んだ後でも赤ちゃんに負荷をかけずにリクライニングの姿勢を保つことができるのが傾斜枕です。

もちろん、完全に吐き戻しがなくなるということはありませんが、ある程度の安心を得ることができます。

そのほかにも、傾斜枕をつかうと自然と鼻が流れやすくなるため、鼻水・鼻づまりのトラブルのときにも赤ちゃんを楽にすることができます。

 

私の場合は傾斜枕をつかっていました。

 

理由はやはり吐き戻しが多かったことです。

自然な現象とはいえ、なんの前触れもなくゴボッと吐き戻すので私自身気が気がなかったのと、毎回我が子が苦しそうにしているのが見ていて辛くて仕方なかったためです。

吐き戻した後はケロッとしてるのですが、吐き戻している間は大人が吐いているときよりも辛そうでしたし、1日に何度もそんな思いをさせているのが心苦しかったからです。

購入する際には丸洗いできる肌触りのよい素材(タオル素材など)のものを3個以上買われることをおすすめします。

常に清潔にするために吐き戻した後や汗をかいた後は必ず洗濯できるようにするためです。

私は3個で回していましたが常に2つは洗濯して干している状態でしたので余裕があればもう1個あってもいいかもしれません。

スポンサーリンク

枕を使うのはいつからがいいの?

赤ちゃんは枕っていつからつかっていいんだろう?

そんな疑問をもったことは必ずあるはずです。よく言われるのは1歳前後です。赤ちゃんの背中の筋肉が発達して、背骨が頭よりも後ろに出るくらいにそったころ、つまりはC字型からS字型の背骨に変わったころが良いと言われます。

 

ですが、私は吐き戻しの予防のため、私は首がすわった3か月ごろから傾斜枕をつかい始めました。もし、枕をつかうことを検討している場合は0歳児から対応しているものを使うようにしましょう。

また、使用する場合は我が子の様子を見ながら使用するようにしてください。

うちの子はドーナツ枕も使ってみたのですがあわなかったらしく、すぐに泣き出したりと機嫌がすこぶる悪くなり、すぐにつかうのをやめてしまいました。

赤ちゃんにあった枕はどれ?

うちの子の場合は傾斜枕を使いましたが、すべての赤ちゃんにおすすめはしません。

頭の形が気になるのでドーナツ枕を使おう。吐き戻しが辛そうだから傾斜枕を使おう。枕は背骨がS字型になった後にしよう。どの意見も正解だと思います。

ただし、どんなときでも何を使おうとも自分の子をしっかりと観察してください。ドーナツ枕を使って首を苦しそうにしていたらすぐにやめてください。傾斜枕を使って泣き出すようでしたら必要なときだけ使うように替えてもいいでしょう。枕を使わないとき、自分の子は眠りながらも手足はバタバタしていませんか?

些細なことでもかまいません。しっかりと自分の子を観察し何を使うか、あるいは使わないかを決めてください。実際に使うのはまだ言葉でイヤと言えない自分の宝物です。自分の子が幸せな夢を見れるようしっかりとこたえてあげましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?赤ちゃんの世界にとって私たちはすべてです。

赤ちゃんには
  • 赤ちゃんには大人が使う枕は使わないようにしよう
  • 枕は赤ちゃんにしてあげたいことにあわせて選ぼう
  • 枕は赤ちゃんの様子にあわせて使おう、嫌がったら使うのをやめよう
  • さまざな効果のあるある枕だけど、赤ちゃんにあった枕を使おう

赤ちゃんのために枕を使おうと思っても、実際に使うのは赤ちゃんです。

私は枕を使うのに賛成です。

ですが、赤ちゃんをしっかりと観察し、使ってもよいかを決めるべきだと思います。

幸せな顔で眠る赤ちゃんはそれだけで宝物です。

その幸せな顔を曇らせることはたとえだれであっても許されないと思います。

枕を使う赤ちゃんが幸せになれるようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事