どの枕も合わないあなたにピッタリの作れる枕=タオル枕とは!?

あなたはしっかりと枕のことについて考えたことありますか?

私は枕のことなど何にも知らなくて頭を支えて眠りやすくする道具とだけの心象でした。なので枕なんて「何でもいい」と軽く考えていました。

しかしそれは大きな間違いでした。

枕というものはただ頭を支える道具ではありません。自分に合った枕を使わないと、肩こり、首こり、腰痛などを引き起こす原因になってしまいます。

しかしよく考えてみますと、私は枕を使わずに眠っていたり、折りたたんで使っていたりと、ちゃんと枕を使っていませんでした。その為枕を新調しようと考えましたがどの枕を使っても同じ結果になると思い、買う気は起こりませんでした。

もし買ったとしても、その枕が自分に合って愛用し続けるとは思わなかったからです。

しかし枕を買わなくても「枕を作る」ことはできるのです。

それは、家庭では絶対ある「タオル」を使用することです。タオルは簡単に高さを調節でき、コストもかかりません。

自分に合った枕を探すことや合わない枕を使い続けるより、本当に自分に合った枕をタオルで作ることが出来たら…。そう考えた私はタオル枕に挑戦することに決めたのです。

もしもあなたが私と同じように枕が合わずに悩んでいるのなら、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

枕の重要性って?

まずは枕の役割について説明したいと思います。実は枕って、「首」「頭」だけを支える道具ではないのです。

人間の背骨って、腰から首まで続いていますよね?

この図のように背骨は、ゆるやかなS字になっているのが正しい形です。わかりやすく言うと普通に立っているときの体勢です。

枕が高かったり低かったりするとこのS字が崩れてしまいます。つまり、枕は首や頭だけではなく背中や腰まで支えてくれるとっても大切な道具なのです。

寝るときの体勢は、このS字をキープするのが正しい姿勢です。

ゆるやかS字をキープする方法は?

クエスチョン

このゆるやかなS字をキープするのに大切なものこそが「自分に合った枕」なのです。自分に合っていない枕を使っている人はS字が崩れているので、寝起きのときに体に異常が出てしまうのです。

自分に合った枕の目安は仰向けで寝るときに目線を5度~15度くらい下を向くことができる高さ、それがゆるやかなS字を描くことができる自分に合った枕というわけです(下図参照)。

その目安は、タオルを使うと簡単に作ることができるのです。

スポンサーリンク

タオル枕の魅力とは?

さて、ここから主役のタオル枕の魅力を紹介していきます。

・形を自由にカスタマイズできる

これが通常の枕にはないタオル枕の最大の魅力です。

普通の枕では、高さを調節することはできませんが、タオル枕はタオルの折りたたむ回数や、折りたたみ方、使う枚数によって自由に高さや形をカスタマイズすることができます。

タオル枕は1枚しか使ってはいけないなんてことはないので、好きなだけ枕を使って自分だけの枕を作ることができます。

・毎日洗濯するから清潔

通常の枕の中には洗濯できないものが多いですよね?カバーは洗濯できても、本体はできるものは少ないです。

しかしタオル枕は違います!

タオルは簡単に洗濯することができます。小さいスポーツタオルなどを使う場合は、手洗いでも簡単にできるほどです。毎日洗濯するのは少し面倒ですが、毎日清潔な状態なので肌にも優しいのです。

 

・抜群のコストパフォーマンス

自分に合った質の高い枕を低コストで作り出すことができる点も魅力のひとつです。

タオルは家庭に使っていないものが何枚かある方も多いかと思うので、0円でできる方もいるのではないでしょうか?

タオルは簡単に手に入り切って形を変えることもできるので実は結構万能な道具なのです。しばらく使ってもう枕には使えなくなったとしてもぞうきんやはたきに姿を変えてまだまだ働いてくれるでしょう。

しかしタオル枕には形が崩れやすいというデメリットもあります。タオル枕は何枚か使用して初めてタオル枕になるので1つではありません。

なので寝ている間に形が崩れてしまうことがあるのです。

その場合は、完成したタオル枕をまた別のタオルですべて覆ってしまって形を少しでも崩れないように工夫するのがおすすめです。

タオル枕の使い方は?

ではどうやってタオルを枕に変えるのでしょうか?まず、折り方は主に2通りあります。

1つ目は3つ折りです。

これを何枚か重ねていって高さを調節していきましょう。

 

2つ目は丸める。

タオルを端から丸めて高さを作っていきます。基本はこの2通りです。2通りだけでもさまざまな応用ができます。例えば1回折ってから丸める、半分だけ丸めるなどです。

 

しかし、タオル枕にはルールがないので、上記以外の折り方も試してみてはいかがでしょう?

 

次にタオルの位置です。

例えば、折りたたんで重ねたものを頭の下に、丸めたものを首の下にという形があります。

もちろん片方だけで十分な方もいると思います。位置も人それぞれです。

 

実は足に挟む方法もあります。

この方法は主に腰痛の改善の効果があります。

タオルはあるだけ使うことができるので、頭、首以外にも使い道があるのです。

使用するタオルの種類は?

タオルって一言で言っても色々種類があります。スポーツタオル、バスタオル、タオルケットなど用途によって名前も少し変わってきます。

ではタオル枕にはどのタオルが一番良いのでしょうか?

私のおすすめは「バスタオル」です。

バスタオルはタオルの中では少し大きめで生地も厚いものが多いです。バスタオルは折りたたむと、枕にするには丁度良い大きさ、厚さになるのでおすすめです。

スポーツタオルはサイズが小さいので細かい調節などに役立ちます。

タオルケットは主に掛け布団として使われています。私は夏場の掛け布団として使っていますが、時には折りたたんで枕に変わったりもしています。硬めの素材が好きな方におすすめです。

 

さらに高品質なタオルのおすすめ

ここで、さらに快適さを求めたおすすめのタオルを紹介していきたいと思います。

・7バスタオルピロー

 

色とりどりのバスタオルが7枚とベースとなるピローがついてきます。高さのベースとなるピローと7枚のタオルで高さの調節が1発でできます。

1週間ごとに1枚ずつ使えるので、いつも清潔に使えるのはもちろん、曜日ごとに色が違うので、気分も変わり、楽しく使うことができます。

自由にカスタマイズ!タオル枕まとめ

タオル枕まとめ”
・自分に合った枕は、背骨がゆるやかなS字を描くことができる枕。
・タオル枕は、低コストで自分に合った形を作ることができる。
・大きさ、厚さが丁度いいバスタオルがおすすめ。

いかがでしたでしょうか?

タオル枕はカスタマイズできてコストパフォーマンスも高いので意外と使っている人も多いです。

私もタオル枕を使用することもありますがやはりそのときの気分に合わせて簡単に枕の形を変えることができるという点が非常に気に入っています。

今までいらないと思っていた枕に対する考えもタオルを使うことで変わってきましたね。

枕はとても大切です。もしあなたにピッタリの枕を見つけることができなかったとしてももう大丈夫ですよね!

作ればいいのですから。

あなたも今回の記事をぜひ参考にしてタオル枕をカスタマイズし自分に合う枕を作ってみてくださいね♪

 

スポンサーリンク
おすすめの記事