枕を使わないのは正しい?枕がいらない人の条件・メリットとは?

私が高校生の頃、こんな出来事がありました。

 

修学旅行の2日目の朝、

 

「ここの枕さ、ちょっと高くない?」

「分かる! 朝起きてから首めっちゃ痛い・・・」

「やっぱ自分の家の枕が一番だよね」

 

と、同じ部屋のみんなでその部屋に置いてある枕の話になったのですが、そこで私が、

高校時代の私
俺は枕とか使わないから、全然平気だったよ?
と発言したところ、彼ら全員から
「えええええぇぇぇ!?!?!?」
と、非常に驚いたような反応をされたのです。
「枕使わない人とかいるの?」
とか、
「首とか痛くならないの?」
とか、
「お前はもはや人間じゃない!」
とか、それはもう散々な言われようでした。
そうです。
寝るときに枕を使わない人は、とても少ないのです!
この事実を知ったとき、私は言いようのない寂しさを感じました。
同じく枕を使わない仲間がいないか、修学旅行が終わってから友達に聞きまくりました。
でも、私と同じく枕を使わない人はいませんでした・・・。
それでも私は、自分の正しさを証明するために、枕を使わない人についていろいろ調べました。
そしてついに見つけたのです!
「枕を使わない人には条件がある」ということを!
スポンサーリンク

枕を使わない人の条件とは?

さて、先述した通り、枕を使わない人にはある条件があります。

 

枕を使わない人の条件
    1. マットレスが柔らかい
    2. 後頭部が平らである
    3. 仰向けに寝ていて、かつ寝返りが少ない

 

各項目については、これから詳しく説明します。

 

条件その1 マットレスが柔らかい

 

マットレスが柔らかいと、後頭部が沈んで頭と首の隙間を埋めてくれることがあります。

この場合は首が安定した位置にあるので、枕がなくても問題ありません。

 

条件その2 後頭部が平らである

 

後頭部が平らだと、頭と首の隙間が小さくなるので、わざわざ枕でそこを埋める必要性が小さくなり、首の位置が安定します。その1と同じような理由ですね。

また、後頭部が出っ張っている人と違って、頭の重さが一点に集中してかからないので、負担なく眠れると言うことも理由のひとつ。

 

ちなみに私はこの条件が大きく働いたようです。

ある日美容室に行ったときに、

「星井さんは後頭部が平らなので、そこのところの髪の毛をボリューミーにしておきますね」

と言われ、なんとなく悲しかった記憶があります笑。

 

条件その3 仰向けに寝ていて、かつ寝返りが少ない

 

仰向けの人が枕なしで寝返りを打つと首が傾いて、痛めてしまうことがあります。

何度も寝返りを打つような人には枕なしは向かないでしょう。

 

枕なしで眠る人が持つメリットとは?

ここまで読んで、あなたはどう思いましたか?

 

最初に述べた通り、私は高校の修学旅行の部屋で枕を使わないことをボロクソに叩かれました。

でも私が初めてこのことを知ったとき、枕を使わないことは実はそんなに悪いことではなく、むしろ私は選ばれし人たちの一人なのかもしれない! そう思いましたね。

 

あなたがどう思うかは分かりませんが、もし枕を使わない私たちが誇り高き選ばれし人たちならば、それによって何らかのメリットを得ていなければおかしいですよね?

 

 

そうです!

 

 

あるんです! メリットが!

 

メリットその1 ストレートネックの改善に効果的

 

ストレートネックとは、長時間のスマホやパソコン作業などでうつむいた姿勢が続くことによって、首の頸椎(けいつい)が真っ直ぐになってしまうことです。

首の頸椎は本来30〜40度くらいでカーブを描いているのですが、それがなくなると、頸椎の筋肉が圧迫されて首こりや肩こり、目のかすみなどの症状が現れます。

 

では、自分がストレートネックであることをどうやって知ればいいのでしょうか?

 

その方法は簡単です。

その辺にある壁に立って、かかと、お尻、背中、後頭部が壁にしっかりとつけば、あなたはストレートネックではありません。

逆にいえば、後頭部がつかなければストレートネックということになります。

 

ちなみに私はストレートネックでした・・・。

よくパソコンとにらめっこしてライティングの作業をしているので、そのせいかもしれません。

まだこれといった症状は出ていないので、今後気をつけようと思います。

 

ところで、なぜ枕を使わないことでストレートネックを改善できるのでしょうか?

 

それは、枕を使わない人は寝るときにかかと、お尻、背中、後頭部が全てマットレスについて一直線になるからです。

壁に立った状態のベッド版ということですね。

 

メリットその2 首にシワができにくい

 

枕が必要ない人にとっては、枕があると頭が高く顎がひいた状態になってしまうため、首にシワができやすくなってしまいます。

女優の中には、首にシワを作らないために、わざわざ枕なしで寝ている方も多いのだとか。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

この記事では、「枕なんていらない!」という人たちに向けて、

枕を使わない人の条件
    • マットレスが柔らかい
    • 後頭部が平らである
    • 仰向けに寝ていて、かつ寝返りが少ない

 

枕なしで眠る人のメリット
    • ストレートネックの改善に効果的
    • 首にシワができにくい

 

ということを解説しました。

 

もしこの記事を読んで枕を使わないことに自信を持つことができたなら、とても嬉しいです!

枕を使っていて「ちょっと自分には合わないかも・・・」と思っている人も、これを機に枕なしで寝てみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事