妊娠中こそ要注意!腰痛予防と正しいマットレスの選び方とは?

理沙(妻)
イタタタタ…
だんだん起き上るのも辛くなってきたわね
一希さん、ちょっと手を貸してよ!

星井(一希)
大丈夫?
理沙のお腹もだんだん大きくなってきたね

理沙(妻)
そうなの。でもこんな調子じゃ普段の生活もままならないわ。

妊娠するとすさまじい勢いで心身ともに変化していきますよね。普段は気にならないことが気になったり、できる事ができなくなったり…

お腹が大きくなるにつれて腰痛やお腹の圧迫感でなかなか寝付けない日もあると思います。

そんな日々を少しでも改善すべく、ここでは腰痛の改善方法と今のご自身に合ったマットレス選びをご紹介します。

ご参考になさって、少しでも楽しいマタニティライフを過ごしましょう
スポンサーリンク

妊娠中に腰痛を感じる原因

そもそもどうして妊娠中は腰痛を感じるようになるのか。

妊娠中には様々なホルモンが分泌されています。特に妊娠後期になるとリラキシンというホルモンが分泌され関節や靭帯が緩むようになっています。いよいよ出産に近づいてくるというわけですね。

これにより腰や背中の筋肉に負担が増え腰痛につながっているようです。

腰痛って本当につらいですよね。

しかも寝て回復するどころか逆に悪化していくのが妊娠期間中です。

加えて普段は意識せずともうっているはずの寝返り。この寝返りが腰痛を軽減させてくれているようなのですが、妊娠期間はお腹が重くなり、寝返り自体が難しいのです。

つまり妊娠後期になるにつれ、ますます腰痛が悪化していくということです

でもこの妊娠期間中、腰痛だけを考えると非常に悩ましいものですが、ピンチはチャンスなのです!

腰痛への予防は普段の生活から

これから妊娠後期に向けてどんどん腰が痛くなってくるのに何がチャンスやねん!と思ったかと思いますが、

先日妻に連れられて両親学級に行ってきた時の話です。

ちなみに両親学級とは、これから出産を控えた夫婦に向けた講習会のようなものです。

母親のみを対象にしているものもある為、ご自身が参加できる対象なのかをチェックして参加して下さいね!ほとんどは市町村が主催しているもので、参加費は無料の場合が多いので参加しやすいと思います。

私が参加した両親学級には助産師さんや保健師さんなど、出産や育児についてのスペシャリストがたくさんいらっしゃり、様々な指導を受けられると同時に、不安を感じている事について質問をする時間がありました。

そこで腰痛について相談させていただいたんですが、そこで面白い話を聞く事ができました。

ホルモンの影響で骨盤がゆるくなる=骨盤の位置が動きやすく、今まで歪んでいた骨盤を逆に正しい位置に戻しやすくなる(腰痛を軽減させる)効果があるようなんです!

※でも軽減としか言えません。体重の増加など様々な影響で腰にはかなり負担が増えてますので…

そして骨盤を正しい位置にするためには普段の姿勢や寝姿を見直す必要があるとのことでした。

スポンサーリンク

姿勢や寝姿の改善

先ほど姿勢や寝姿と記述しましたが、腰痛への対策に一番大事なのは普段の生活です。

足を組んだりしていませんか?横座りしたりしていませんか?

左右非対称な座り方は骨盤の歪みの原因となります。座る時は足を伸ばしたり胡座(あぐら)で座った方が骨盤(腰)にはいいようです。

そして寝ている時の寝姿も重要です。

お腹が大きくなってからは仰向けで寝るのは避けましょう。

我が家ではこれを知らずに、仰向けで寝た方が赤ちゃんを潰さずに済むのでは?!と謎に理論付け、腰痛を悪化させてしまいました。

これが良くなかったようで助産師さんから横向きで寝るようにと指導されました

その時に大事なのが抱き枕やクッションを股に挟んで寝るという事!

これは人によって変わるかもしれませんが、立っている時に肩幅くらいに足を広げた方が立ちやすくないですか?寝ている時も肩幅くらいになるような厚みのある抱き枕やクッションを股に挟むとGOODです。

骨盤や靭帯が緩んでる今こそ姿勢や寝姿を改善することで、骨盤が正しい位置になりやすくなり、妊娠中だけでなく、出産後も腰痛を軽減されられるかもしれませんね。

理沙(妻)
抱き枕を使って寝るようになってから寝やすくはなったけど、まだ腰に負担がかかってる気がするわ。

星井
それってもしかしてマットレスのせい?

それでも良くならない腰痛。それ、マットレスが原因かも。

我が家で使っていたマットレスは「人気商品」の文句に押されて購入した比較的に安いタイプのポケットコイルのマットレスでした。

その商品はやわらかめのマットレスで、優しく包みこんでくれる感じのもの。その頃は特に腰痛も特に気にならずに毎日使用していたんですが、その後しばらくして妊娠が分かり、大体7か月になった頃からとにかく腰痛がひどくなり始めたようです。

さらに追い打ちをかけるかの如く週数を重ねる毎にお腹が重くなっていきます。

包み込んでくれるというよりは、もはや腰がマットレスに沈みこんでしまいます。冗談抜きで起き上がれなくなり毎朝手を貸して妻を起こすといった感じでした。これでは妻のためにも赤ちゃんのためにもなりませんよね。

こんな我が家の失敗談も含めご自身にあったマットレスに出会えるよう是非参考にしてみてくださいね。

腰痛や寝返りを助けてくれる高反発マットレス

個人差はあると思いますが、様々なマットレスがある中でいろいろと試した結果、私は高反発マットレスをおすすめしたいです!

高反発マットレスは硬そうだから…と思うかもしれません。

しかし高反発マットレスとは高い反発力のあるマットレスの事を指していて決して硬いだけということはありません。反発する分、寝返りがしやすくなったり起き上がりやすくなるというメリットがあります。

体圧を適度に分散してくれるので腰など、沈みやすいところもしっかりカバーしてくれるので腰に不安を抱えている方には高反発マットレスが適しています。

これでマットレスに沈んでしまって起き上がれないという問題はある程度解消できるかと思います。それにお腹が大きくなると屈むのも物理的に難しいですからね。反発力のあるマットレスじゃないと起き上がれなくて当然の事でした(当時は気づきませんでした…)。

そして沈まないということは寝姿も立っている姿勢に近い状態で寝ることができるということです。

体を真っ直ぐに保てないとどうしても沈んでいる箇所に負担が増えるものです。

そうすると腰に負担が増え、腰痛に繋がるということなのですが、高反発マットレスにすることで負担を防ぎ、結果的に腰痛の改善に繋がるということなのです。

こうなると高反発マットレスにしない理由がないですよね。

理沙(妻)
そうね。でもやっぱり少し硬いのが気になるわ。
横向きで寝るとマットレスにお腹がついて、なんだか圧迫されるような気がするんだけど…

星井
そんな時はマットレスとマットレストッパーの組み合わせを変えてみるといいよ!

理沙(妻)
マットレストッパー?

マットレストッパーで今の自分に一番合ったベッドへ

マットレストッパーというものをご存じでしょうか。

マットレストッパーとは今使っているマットレスの上に敷くだけの厚さ4cm~9cmほどの少し厚めの寝具の事をいいます。今お使いのマットレスの上に敷くだけで快適な睡眠をお届けします!なんて言葉をテレビショッピング等で耳にしたことはありませんか?

 

おすすめマットレストッパーはこちら!

エムリリー優反発シリーズ
腰痛や体の疲れでお悩みなら・・・
腰痛・背中の張り・朝起きても疲れが残っている・夜中に目が覚める・・・もしあなたがこのような悩みをお持ちでしたら、エムリリーの優反発シリーズをおすすめします。
私が1か月以上使い続けた結果、これらの悩みが改善され、さらに睡眠の質が上った、寝つきが良くなった、よく歩くようになった、寝るのが楽しくなった等の変化が起こりました。

 

マットレスに敷くだけというと、ベッドパッドを想像される方も多いかもしれません。ベッドパッドはマットレスへの汚れを防ぎ、マットレスを長持ちさせるためにマットレスを使う上で最低限使うべきものでありますが、それとは別にマットレストッパーを使うことで今の自分に一番合ったベッドへとカスタマイズすることができるのです。

そこで大事なのはマットレスとマットレストッパーとの組み合わせです。

先ほど高反発マットレスをおすすめしましたが、妻からは硬いとの不満がでましたよね。

そんな時は高反発マットレスの上に低反発のマットレストッパーを敷いてみて下さい。そうすることで体の圧力が分散され、体の重みに応じて適度に沈んでくれるようになります。つまりお腹への圧迫感も減るので、妊婦さんにとって最適なベッドが完成するというわけです。

この状態で横向きに、抱き枕やクッションを足に挟んで寝てみると、かなり楽になるのではないでしょうか。この組み合わせが一番おすすめなので是非試してみて下さいね。

実際にこの組み合わせを試してみたのですが、腰への負担は段違い!腰痛へのストレスも軽減されたことで、睡眠の質が変わり、目覚めもだいぶ良くなったようです。あきらかに妻の表情が明るくなり、とにかく良いこと尽くめだったんです。

でもここでもうひとつご提案があります…

高反発マットレスを既に使っている!というのならマットレストッパーを購入するだけでいいのですが、これから家族が増え何かと出費が増える今、寝具を全てを買い替えるのはなかなかお財布的にもツライ…なんて思っていませんか?

寝具って結構なお値段しますからね。しかも高反発マットレスは様々な種類がある中でも比較的高価なものが多いです。

そこで柔らかめのマットレスを使っているという方にはマットレスはそのままに、マットレストッパーを高反発タイプにすることをおすすめします。

そうすることにより費用は最小限に抑えることができますし、マットレストッパーの反発があるので起き上がる時もしっかりサポートしてくれる他に、一番肝心な腰が沈むのも軽減してくれます。また、お腹がマットレストッパーについたとしても重みによって負荷を分散してくれるので、お腹が圧迫されるという心配もありません。

理沙(妻)
それなら取り入れやすいし、お財布にも優しいわね。

まとめ

・腰痛は体重増加だけでなくホルモンの影響によるもの
・腰痛予防のために一番大事なのは普段の姿勢や寝姿
・寝具はマットレスとマットレストッパーの組み合わせ次第で改善できる!

いかがでしたか?

妊娠期間中は体の変化もそうですが、精神的にも不安定になりがちです。

なるべく夜の睡眠を大事にして、リラックスした状態でマタニティライフを過ごせるといいですね。

そのためにも寝具選びのご参考になればと思います。是非試してみて下さいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事