枕の正しい洗濯方法とは?洗える枕と洗えない枕の対処法は?

1日のうち約3分の1は自分の頭を預ける枕。

定期的に洗濯をしていますか?

 

毎日自分の頭を包み込んでくれている枕。人は寝ているうちにカラダのメンテナンスをするため、皮脂や寝汗が自然と出てくるのでどんなに清潔な恰好で眠っても枕は徐々に汚れていきます。

 

私自身、枕カバーを洗うことはあったものの枕自体を洗濯することはありませんでしたが、ある日鏡の映った自分の顔が真っ赤になっているのをきっかけに枕を洗濯する重要性を知ることになりました。

 

枕カバーを定期的に洗ったり、買い替える人は多くいると思いますが『枕』自体を洗濯する人は少ないのではないでしょうか?

実は枕カバーを通して寝汗が枕そのものに染み込み、汚れを蓄積しています。

 

枕に蓄積された汚れが頭に付着することで頭皮にカビができ、頭がかゆくなる・脂っぽいフケが出るようになります。なによりも、抜け毛が頻発するようになり毛量の減退にもつながってしまいます。

 

頭皮だけでなく、枕を伝って肌にも刺激を与えることで吹き出物や顔が赤くなるなどの症状が出てきます。

 

汗をたっぷり吸収したタオルを顔面に擦り付けている、と想像してもらえれば不快感と不潔感が伝わると思います。

 

枕を洗わないことによるデメリットは計り知れないのですが、自分の身体の不具合の原因がどこから来ているか気づける人はそうそういません。

 

そこで今回は毎日自分の身体を預ける『枕』を清潔に保つことでカラダの調子を整える枕洗濯の仕方をご紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

洗える枕もあれば洗えない枕もある

枕を洗う!と意気込んだものの適当に洗濯機に突っ込んで洗ってしまうと枕そのものを買い替えることになってしまい、予想外の出費をすることになってしまいます。

 

そこで枕を洗う前に、自分の使っている枕が洗えるものかどうかの確認をしてみましょう。

洗える枕の素材
パイプ
コルマ・ミニボール
洗えない枕の素材
そばがら
低反発ウレタン

ウール
キャメル
タグで要確認の素材
ポリエステルわた
ビーズ

 

基本的には人工物の素材で型崩れをしない枕が洗濯可能という考えで大丈夫ですが、一番正確なのは枕についている洗濯絵表示のタグを確認しましょう。

一般的な洗濯表示タグ

普段から洗濯表示タグを目にしていないとややこしいですが、洗濯表示タグのサイトもありますのでサクッと調べてしっかりした手順で枕を洗いましょう!

自分の枕は水洗いができない…

という方に向けての枕を清潔に保つ方法も紹介しますので最後まで読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

枕の洗い方3ステップ

自分の枕が洗えるかどうか判明したらいよいよ枕を洗っていきましょう。

ステップ1 水洗い

水洗いの方法として手洗いと洗濯機で洗う方法があります。

 

洗濯表示タグの確認は第一ですが、枕の素材によっては水に浮いてしまって中までしっかり洗うことができない・中身が偏ってしまうことがあるので洗濯機で洗うことが可能の枕であっても手洗いがオススメです。

 

手洗いの仕方
  1. 枕は結構大きいので洗面台や浴槽など、余裕をもって洗える場所にお湯を張ります
  2. 中性洗剤を入れる(素材や肌への刺激が少ないおしゃれ着洗剤)
  3. 枕カバーを外し、枕を浸けて満足がいくまでしっかりと押し洗いをします(30回以上)
  4. 満足がいったら水を替えて枕から洗剤の泡がなくなるまで押し洗いを行います(3回程度)

 

ポイントとして皮脂や汗などの汚れは水では落ちにくいので30℃(お風呂の温度からぬるま湯)程度の熱さで洗うとしっかり汚れを落とせます。

 

手洗いにおすすめの中性洗剤

ドライニング 衣類用液体洗剤 ドライマーク・ウールの衣類・おしゃれ着洗い 本体 500ml

天然成分を使用した洗剤で、汚れ落としに強いオレンジオイルを配合しているので手荒れがしにくく汚れもしっかり落とせる優れものの洗剤です。

 

私は柑橘系の匂いが好きなので洗った日の枕の匂いが好きで、面倒くさく感じてしまう手洗いも進んでやっています。(笑)

中性洗剤にしては洗浄力が強いので色落ちしてしまうこともありますので事前に試してから使用することをおススメします。

洗濯機での洗い方
  1. 枕カバーを外して枕が入る洗濯ネットに枕を入れます
  2. 中性洗剤を入れる
  3. 弱水流・手洗いモードで洗う

以上です。

 

手洗いと比べるととても簡単ですが素材が漏れないように枕のチャックの確認を忘れると大惨事になりかねないので洗濯前にチェックしておきましょう。

洗濯ネットは目が細かいものを使用するとしっかり汚れを落とせます。

 

洗濯機洗いにおすすめの洗剤

エコベール ランドリーリキッド(洗濯用液体洗剤) 本体1500ml

 

こちらの洗剤は地球の自然環境を意識して作られた自然由来の洗浄成分を使用したエコな洗剤でありながら1500mlと大容量で地球だけでなくお財布にもやさしいエコロジー洗剤です。

 

睡眠を促すラベンダーの香りがするので睡眠不足気味な人にオススメの洗剤となっています。

 

手洗いが面倒くさいときや、洗濯機で洗える枕を洗う際はこれをよく使います(笑)

 

ステップ2脱水

水洗いが終わったら脱水をしっかり行いましょう。

脱水をしっかりやらないと乾燥するまでに時間がかかり雑菌を繁殖させてしまい、洗う前の枕よりも汚さが倍増してしまいます。

 

せっかく洗ったのに枕をダメにしたくないですよね…

 

基本的には手洗いした枕も洗濯機で脱水を行います。自分の手で脱水をしてもいいのですが手間を省くことも考えて家電パワーに頼りましょう。

 

脱水は1分程度行えばいいと思いますが、心配でしたら3分ぐらいやっても大丈夫です。

脱水が終わった後は中身が偏らないように軽く叩いて枕をほぐしてあげましょう。

 

ステップ3干す

脱水をしてもまだまだ湿っているので枕を乾燥させて、雑菌の繁殖を防ぎましょう。

 

干し方には日干し・陰干しの2通りがあり、素材によって適切な干し方があるので洗濯表示タグを確認しましょう。

 

間違った干し方をしてしまうと素材の質感が大きく変わったり、劣化を早めることになります。

 

日干しと陰干しのタグ

モノによってはタグが付いていない場合もあるので素材ごとに一般的な干し方も調べたので参考にしてください

日干ししてもいい素材
ポリエステルわた
ウール
キャメル
パイプ
コルマビーズ
陰干ししてもいい素材
低反発ウレタン

絹わた
ラテックス
極小ビーズ

 

干し方

日干しか陰干しか確認が出来たらさっそく干していきましょう。

 

干し方には置いて乾かす平干し・専用ハンガーに吊るして乾かす吊り干しがあります。

吊り干しのほうが空気に触れる面が多いので乾くのが早くなります。

 

おすすめの吊り干しハンガー

CARRY ALL BEFORE ONE 枕干しネット

すでに持っているハンガーにこの商品を着けるだけで枕の吊り干しが可能になります。メッシュ構造なので通気性もよく、速乾も期待できます。

 

いままでは布団干しのバーを使って干していましたが、この商品のおかげで洗濯ものを干すスペースも増え、平干ししにくいぬいぐるみを干す際にも使用しています。

 

洗えない枕のお手入れ方法

水洗いできない枕のお手入れ方法ですが私がやっていたお手入れ方法を紹介していこうと思います。

 

お手入れ方法

  1. 枕カバーを定期的に洗うのを前提に枕本体に除菌スプレーを吹きかけます。
  2. 枕の素材にあった干し方で乾燥させます。

 

この二つです。

 

水洗いできる枕と比べると心許ないですが、この2つをやるだけでも確実に清潔さを保つことができます。

 

お気に入りの枕だからずっと使い続けたい!と考えていても水洗いができない枕であった場合はこの方法で少しでも汚れ・匂い・質の劣化を防ぐのがベストだと思います。

 

枕を洗う頻度はどのくらい?

自分の枕が洗えるかどうかを調べ、洗い方も分かったところで洗う頻度はどのくらいか気になる方もいると思います。

 

「人は一回の睡眠でコップ一杯分の寝汗をかく」と言われていますが量には個人差があり、寝室の温度や寝ている時の服装・体調によって汗の量は変わります。

 

風邪をひいている時や怖い夢を見た時なんかは布団がびっしょり濡れている、なんてことありますよね?

 

ケースバイケース(時と場合によって)で洗うのがいいと思います。

 

例えばすごく天気の良い休みの日なんかは気持ちもアガって洗濯したくなったらするなんて日を想像すると俄然、日々の励みにつながりますよね。

 

それでも、ある程度定期的に洗いたい!という方は週1回で枕カバーを洗いつつ月1で枕を洗うサイクルなら無理なくやれると思います。

 

枕カバーを替えるときに除菌スプレーをしたり、干したりと、ちょっとした工夫で枕を清潔に保って質のいい睡眠を継続させましょう。

まとめ

  • 枕本体も定期的に洗わないと雑菌の温床になる!
  • 同じ素材でも洗える枕と洗えない枕がある!
  • 枕の洗い方は手洗いと洗濯機の2通り!
  • 洗えない枕でもお手入れ次第で雑菌対策できる!

 

いかがでしたか?

 

枕カバーを洗っていれば大丈夫と安心してしまいがちですが、枕カバーを通して寝汗は枕本体へ伝わっていきます。私も自分の顔が赤くなって皮膚科に行ったときに枕本体を洗っているか聞かれたときは驚かされました。

 

そして枕本体を洗うようになってからは洗える素材か調べるようにもなり、高級枕を長く清潔に使えるようになったので枕を選ぶときに長期的な目で使用を考えてお財布と相談ができるようになりました。

 

成長期の子供の枕なんかはいい枕を使いたいけどすぐに寝汗で臭くなってしまうので出費を抑えがちでしたが、ひとつの枕を定期的に手入れすることで出費を抑えるだけでなく質のいい睡眠ができる環境を作りやすくなりました。

 

付加価値として枕からいい匂いがするのも気に入ってます(笑)

 

あなたもぜひ、自分の枕が洗えるかどうかを調べて、快適な睡眠を手にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事