ベッドマットレスのダニ対策はどうすれば?3ステップで紹介! 

「朝起きると身体がかゆい!」

「最近くしゃみは出るし、涙が止まらない・・・」

そんな風にお悩みのあなた、もしかするとそれはベッドのダニが原因かもしれません。

 

「でもダニ対策とかめんどくさいし・・・」

「そこまで気にするようなことでもないでしょ」

もしかすると、あなたもこう思っているかもしれません。

 

実は、私もかつてはあなたと同じように思っていました。マットレスの手入れなんてしたことがなく、朝起きたら夜寝るまでほったらかし。

妻に「ダニ対策ちゃんとしてるの?」と聞かれても、

星井
あー、してるしてる。

みたいに、いつも適当な言葉を返していました。

 

ところがそんなある日、身体がかゆくてたまらなくなったのです。おまけにくしゃみは止まらないし、目も充血するように。最初は花粉症かな? と思ったのですが、それならば身体はかゆくなりません。

星井
ま、そのうち治るだろう

と思って無視してたのですが、症状はどんどん悪化するばかり。

ついには仕事に支障をきたすレベルになり、業績が悪化して上司から叱られるようになってしまいました・・・。

 

これはさすがにまずい!

そう思ってネットで調べてみると、なんとダニのせいと書かれているではありませんか! このことを妻に報告すると、

あんた今まで嘘ついてたんか!(怒)

と、鬼のような形相で叱られました。とても怖かったです。

 

その日から私は心を入れ替え(決して妻が怖かったからではありませんよ!)、ダニ対策を徹底的に行うように。

すると徐々に身体のかゆみが引いてきて、くしゃみや充血も治まりました。仕事でも業績が回復して、上司からは褒められるようになりました!

 

とまあこんな風に、ダニを軽んじていると私のように健康被害を被ることになってしまいます。

「ダニを放っておくとやばいのは分かった。でもどうやって対策すればいいの?」

もしかするとあなたは、そんな風に思っているかもしれません。

 

大丈夫、ご安心ください。

この記事では、ダニの怖さを存分に味わった私が、ダニがもたらす健康被害や対策の方法について詳しく解説します!

スポンサーリンク

そもそもなぜマットレスにダニが?

ダニが好む環境には3つの条件があるのですが、それがこちら。

    • 気温20度以上
    • 湿度60%以上
    • エサとなるもの(食べカス、ほこり、フケや垢)

残念なことに、これらの条件を見事にマットレスは満たしてしまっているのです。寝ているあなたの体温で温度は上がりますし、寝汗もかくので湿度も上がります。さらには寝汗に含まれる皮脂や垢、そして頭皮のフケといったエサも十分にあります。

 

このような理由でダニはマットレスに繁殖するのです。

 

上の画像を見てください。

これはダニを電子顕微鏡で拡大した写真です。こんなに気持ち悪い虫があなたの寝ているマットレスに大量にいると考えると、ゾッとしませんか?こんなものはとっとと駆除してしまいましょう!

 

ダニを放っておくとどんな健康被害があるの?

・・・といいたいところですが、あなたにはもっとダニを嫌いになってもらいます(笑)。なぜなら、絶対にあなたに私と同じ思いをして欲しくないからです。

世の中には、上の画像を見ても何とも思わない人がいます。ですので、そういった人にもダニを嫌いになってもらうために、ここではダニがもたらす健康被害について解説します。

 

いや、ヤバイですよホントに。

強いかゆみ

ぶっちゃけ、これは言わなくても分かりますね(私はつい最近まで知りませんでしたが)。刺された直後は症状が現れず、気づかないほどですが、1〜2日経つと一気に刺されたところが赤く腫れ、強い痒みが生じます。

こんな感じ↓

 画像出典:アース製薬

 

このとき刺された部位をかきむしると、傷口から細菌が入って症状が悪化してしまうので止めましょう。ところでこれは全然関係ないのですが、関西では蚊やダニに刺されたとき「噛まれた」っていうらしいですね。大阪に住む友人が言っていました。

星井
最初に言われたときは思わず聞き返してしまいました。

関西の友人
「刺された」なんて絶対に使わへんわ〜!

アレルギー症状

ダニに噛まれると(おっと危ない)刺されるとかゆくなるというのは想像しやすかったかもしれませんが、実は死んだ後もダニは厄介なんです。

 

なぜなら、死骸がアレルギー症状を引き起こすからです。

具体的な症状を以下に記します。

アレルギー性鼻炎

鼻水や鼻詰まり、くしゃみといった症状が現れます。花粉症みたいな感じですが、春から夏だけの花粉症とは違って、ダニの場合は一年を通して症状を引き起こします。

ただでさえ辛い花粉症が一年中続くなんて、想像しただけでも嫌ですね。

ぜんそく

気管支炎とも呼ばれます。

発作が起きると気道が狭くなるため、呼吸時に「ヒューヒュー」という音が鳴ったり、呼吸困難に陥ります。最初の方は息を吐くときだけだそうですが、悪化すると吸うときもしんどくなるのだとか。

 

あ、「しんどい」という言葉も実は関西の方言らしいですよ。

関西の友人
僕ぜんそく持ってんやけど、運動した後めっちゃしんどくなんねんなぁ・・・

アレルギー性皮膚炎

皮膚が乾燥して、強いかゆみを伴う湿疹が現れます。まぶたや首、ひじやひざの裏側、お腹やお尻の部分にできるらしいです。

悪化すると全身に広がるので、早めの対処が望ましいです。かきむしると傷ができて出血した後かさぶたになったり、皮膚が暑く硬くなったりするので、かきむしるのはやめておきましょう。

アレルギー結膜炎

目のかゆみ、異物感、充血、目やに、涙目といった症状が現れます。

アレルギー性鼻炎と同様、通年性です。一度なってしまうと、完治まで数年はかかります。もしあなたがアレルギーを持っていなくても、マットレスに死骸やフンが多いと発症する可能性があります。

スポンサーリンク

これで完璧!ダニ対策の3ステップ

さあ、さすがにもうダニが嫌すぎてこの記事を読むことすら辛くなってきた頃だと思います。

 

しかし! もう安心してください!

ここからやっとダニ対策の話が始まります。ついに憎きダニをあなたのマットレスから永久追放するときがやってきましたよ!

ステップ1 ダニの退治

関西の友人
ダニなんて掃除機でイチコロや!

なぜか自信満々で登場した私の友人ですが、実はこれ、間違ってます。

生きているダニは掃除機では駆除できません。マットレスの繊維に全力でしがみついてなんとか耐え忍びます。

 

ではどうすればいいのか。ここでは方法を4つ紹介します。

布団乾燥機を使う

布団乾燥機と名前がついていますが、実はマットレス乾燥機にもなれます。

約70度の熱風をマットレスに当てることでダニが死滅します。

しかし完璧に退治できるというわけではありません。なぜなら、熱を避けてダニがマットレスの奥深くへ逃げていくからです。

そこで少しでも効果を高めるために、部屋を1時間ほど暗くしてから乾燥機にかけましょう。ダニは夜行性なため、部屋を暗くすることでマットレスの表面に誘い出すのです。

ただしウレタンなど、マットレスの素材によっては生地を痛めることがあるので、注意が必要です。

クリーニングに出す

クリーニングに出すのも方法としてはアリです。

ダニだけでなくカビや汗の汚れなどもキレイにしてくれますし、何より自分で何かすることもありません。楽って最高ですね(笑)

当然その分値段が高くつきますが、あなたのマットレスが10万円くらいする代物で、まだまだ現役で使えるのであれば、クリーニングするのもいいかもしれません。

ホットカーペットを使う

「自宅に布団乾燥機がない!」という方には、代わりにホットカーペットを使うのもいいでしょう。

寝ている間にダニを退治してくれるため、効率の良い方法です。

そういう機能のあるホットカーペットもあるらしいですよ。

ただし低温火傷には注意してくださいね。

ダニ退治スプレーを使う

 

スプレーを使うのも効果的です。

ただし、直接肌に触れるマットレスに化学薬品を散布するのに抵抗のある方もいると思います。

そういう人のためにきちんと「寝具対応」「マットレス対応」と明記されたものが存在しますので、使うならそうしたスプレーを使用するようにしましょう。

ただし、窓を開けるなど喚起を良くしてから使用すること。散布した液体を誤って吸引しないようにマスクの着用も忘れずに。

ステップ2 ダニの掃除

マットレスのダニを退治したら、死骸を取り除かなければなりません。

すでに説明した通りアレルギー症状を引き起こすのも理由の一つですが、ダニの死骸は他のダニのエサになるからです。

関西の友人
ついに僕の出番やな!

いいえ、あなたではありません。掃除機です。というわけで、掃除機で一気に吸い取っちゃいましょう。マットレス全体を満遍なく掃除することが大事ですが、以下に示す3ポイントは特に重点的に掃除しましょう。

    • 表面の頭の部分
    • マットレスとベッドとの隙間
    • 外カバーの縫い目の隙間

 

ステップ3 ダニの予防

せっかくダニを退治・掃除しても、またダニが繁殖しては意味がありません。

せっかくですから永久追放しちゃいましょう!

防ダニシーツを使う

 

ダニの繁殖を防止するのに効果的な方法が、防ダニシーツを使うことです。防水だとなお良いでしょう。

というのも、

  • ダニのエサとなるフケや垢がマットレスにたまるのを防いでくれる。
  • 寝汗でマットレスの湿度が上がらないようにしてくれる。

という理由があるからです。

普段のシーツの代わりに使うだけですので、お手軽です。

敷きパッドを使う

「うちはシーツなんて使ってない!」という方は、代わりに敷きパッドを使うといいでしょう。

防ダニシーツと同じような効果が期待できます。除湿機能付きのものだとダニがより繁殖しにくくなるのでオススメです。

マットレスの手入れを定期的に行う

面倒かもしれませんが、こまめにマットレスの手入れを行うともう完璧です。

やることは以下の通りです。

    • 窓を開けて換気を行う
    • ベッドメイキングをせずに、マットレスの表面を乾かす
    • 暑い季節はシーツを3日に1回は交換する
    • 両面使用可能なら、半年に1回ひっくり返す。

 

どうぞ参考にしてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「最近、身体がかゆい!」「冬なのに花粉症の症状が・・・」といった方に向けて、

    • マットレスはダニの繁殖に最適な空間!
    • ダニは体のかゆみやアレルギー症状を引き起こす!
ダニ対策の3ステップ
    1. ダニの退治
    2. ダニの掃除
    3. ダニの予防

 

といったことを説明してきました。

 

今日から早速ぜひ、この記事で紹介したダニ対策の方法を試してみることをオススメします!

関西の友人
僕も今日からやるから、みんなもやってな〜!
スポンサーリンク
おすすめの記事