マットレスの黄ばみは落とせる!?知って得する洗い方と対処法とは?

あなたは今現在使っているマットレスは何年目になりますか?

 

マットレスの平均寿命は5~8年と言われてますが、大事に使えばそれ以上普通に使っていけます。しかし、環境の変化などによってマットレスに黄ばみなどの汚れがどうしても目立ってきてしまいます。

 

黄ばみが出てきたら何かしらのお手入れが必要だというサインです。

 

「まだ黄ばみも多少だし、すぐやらなくても大丈夫だろう」と放置しがちですが、はっきり言ってそれは間違いです!!表面上に出てきてるのは多少でも、マットレスの中は大いに汚れてきています!

 

放置すればするほど、黄ばみはシミとなりいずれカビてきます。

 

実際肉眼で確認することは出来ませんが、以前プロの業者に10年以上使っているマットレスの洗浄をお願いしたことがあるのですが、ホント濁ったお茶のような液体ですよ。

 

マットレスを高圧洗浄し、その水分を掃除機のようなもので集めるのですが、シングルのマットレスでも2Lのペットボトル分の汚水が出てきました。

臭いも酸っぱ臭い感じで、よくこの上で寝てたな・・・と思うほど強烈な印象を受けました。言わば泥水の上にマット引いて寝てるようなものです。

 

信じられませんよね。

 

とても寝れる環境ではありませんでした。ですが現実問題、マットレスの汚れは日々蓄積されてます。そうなる前に出てくるのが黄ばみのサインなのです!

 

今では毎日マットレスの通気性を良くし、少しでも黄ばみになるのを防止しています。そのおかげもあってか、我が家のマットレスは10年以上同じものを使っています。

寝心地は今でも新鮮な気分です。

なかでも一番多いのは、まだ小さいお子さんをお持ちの家庭です。幼少期の頃はよくオネショをしたりしますよね。そのせいか気になってなかなか寝付けないこともあると思います。

 

ですが、オネショの汚れや臭いをしっかり取ることで、お子さんは安心してぐっすり眠ることが出来るのです。そうすれば、次の日の朝には元気に「おはよう!」と言ってくれますよ。

 

お掃除自体は一日もかかりません。簡単なお手入れでマットレスの寿命がかわってきますし、そうすれば良質な睡眠を維持することが出来ます。

 

1日の平均睡眠時間は6~8時間です。

汚れたマットレスと綺麗なマットレスでは寝起きが断然変わりますよ!大事な睡眠の時間を過ごせれば、あなたの明日の気分は最高潮です。最高の寝起きで毎朝元気に学校へ行ったり、会社に行って「今日も一日頑張ろう!!」と思えるのです。

 

一日の疲れを癒すマットレスのお手入れを怠らないようにしてください。

 

今回紹介する方法はいたって簡単なものです。この一手間であなたのマットレスは変わります!買って3年だろうが4年だろうが、新品に生まれ変わった心境になります。

せっかく買ったものですから、長年使っていきたいですよね。買って2年程で黄ばみが出てきてその後カビが生えてきて3年経たずに捨ててしまうなんてことも・・・

そうならない為にも、しっかりと黄ばみの原因と洗い方や対処法をしっかり学びましょう。 そうすればマットレスを長く使うことが出来ますし、せっかく掴んだ最高の寝心地を維持していければ最高ですよね。

たかが黄ばみとたかをくくってはいけません。

・なぜ黄ばみは発生するのか?
・黄ばんできたらすることは?
・汗やオネショなどで黄ばんできたマットレスの洗い方
・長く使っていく為の対処法とは?

以上の点について詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

何故マットレスは黄ばんでくるのか??

そもそも何故マットレスが黄ばんでくるのでしょうか?

長年使っているから?マットレスの質がよくないから?そんなことはあまり関係ありません。

 

素材の良いマットレスだろうが長年使っていようが、根本的な原因は他のところにあります。 

黄ばみの主な原因
・身体から出る皮脂や汗が酸化したもの
・オネショなどの間違った処理
・シーツや身体についた洗い残しの洗剤

 

人は睡眠時にカップ1杯分の汗をかくといわれています。いくら吸水性の良いシーツを使っていても少なからずマットレスに蓄積されていきます

 

人の汗や皮脂にはタンパク質や脂質、糖質、などの他にリポフスチンと呼ばれる色素を含んでいるため、それらがマットレスに染み込んで酸化し、黄ばんできてしまいます。

 

さらに、私も小さい頃はよくオネショをしました。おしっこの中に含まれるアンモニア酸も黄ばみの原因になりますし、他の成分よりも臭いやしみの跡が残ってしまいます。

 

洗剤などの成分には、化学的な成分が多く配合されています。これらの成分は空気に触れると酸化しやすく、シーツを洗ったときに残った洗剤がマットレスに溶け込みそのまま放置していてると黄ばんでくることもあります。

 

これらの原因がマットレスの黄ばみに多く関わってきます。

 

マットレスが黄ばんできたらすること

では、マットレスが黄ばんできたら何をすればいいのか??

 

まずは、あなたが使用しているマットレスの品質表示タグを確認しましょう。

家庭で洗えるのか?クリーニングに出さないといけないのか?使っている素材によって縮んだり硬くなったりしてしまうものが入っているか?

 

特にウールなどの素材は縮みやすく、ウレタンは乾きにくいのでボロボロになって使いにくくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

マットレスの黄ばみは放置すればするほど洗うのが大変になってきます。プロの業者にお願いするのが楽ですが、決して安くはないです。

 

出来れば黄ばみが大きくなる前にこまめにお手入れが出来れば、後のことを考えれば、負担は軽くなります。

スポンサーリンク

マットレスの黄ばみの落とし方

 

それでは簡単な黄ばみの落とし方を紹介していきます。まず、一般的な落とし方です。

1:タオルをぬるま湯で濡らし、黄ばみの上を叩くようにして拭く。(ゴシゴシすると余計に範囲が広くなり落としにくくなります。
      また、マットレスの中に染み込んでしまうので、軽く叩くようにして下さい。)

2:水で薄めた中性洗剤と酸素系漂白剤をタオルに薄く塗り、黄ばみの上を軽く叩き、2~3分放置する。(中性洗剤と酸素系漂白剤が
      一番マットレスへのダメージを軽減することが出来るのでオススメです。)

3:ぬるま湯で濡らしたタオルで洗剤を叩くように拭き取る。

4:マットレスを干してよく乾かす。

 

 

次に、重曹を使った落とし方を紹介します。

 

マットレスの黄ばみは汗や皮脂が酸化してできるものが多いので、アルカリ性の重曹(もしくは、セスキ炭酸ソーダ)で取り除くことが出来ます。

 

1:重曹水もしくはセスキ炭酸ソーダ水を作る。重曹水は水100mlに対し重曹小さじ1杯、セスキ炭酸ソーダ水は水500ml
       に対しセスキ炭酸ソーダ小さじ1を混ぜます。

2:1で作ったものをスプレーボトルに入れ、黄ばんだ箇所にスプレーし5分ほど時間をおきます。

3:タオルを押し付けるようにして汚れを拭き取ります。※汚れが落ちない場合はクエン酸を作ります。水200mlに対し
       クエン酸小さじ1杯を混ぜ、同じようにスプレーし5分ほど時間を置きましょう。

4:シミが取れるまで2~3を繰り返しましょう。

5:乾いたタオルで水分を拭き取り、しっかり乾燥させます。

 

 

まだ小さいお子さんがオネショしてしまった場合の落とし方も紹介します。

オネショの場合はマットレスに染み込むのが早いので出来るだけ早めに対処しておきたいです。

 

  1. オネショした部分にオムツやペットシートなど吸水性の高いものを押し当てます。
  2. その上から汚れても良いバスタオルなどを敷き、足踏みして水分を吸収させます。
  3. クエン酸水を作り、スプレーボトルに入れ、汚れた箇所を念入りにスプレーする。
     (尿は重曹よりもクエン酸水を使った方がより効果的に落とせます。)
  4. タオルなどで水分を拭き取る。
  5. 臭いが取れるまで3~4を繰り返す。
  6. 臭いが取れたらしっかりと乾燥させます。

 

 以上のやり方でマットレスの黄ばみを落とすことが出来ます。

 

特に重曹はとても万能な存在です。重曹を使った裏技も詳しく見たいという方は動画を張り付けていますのでご覧下さい。

 

長く使っていくための対処法とは?

マットレスの黄ばみを落とすことはそこまで難しくはありません。ですが、毎週のようにやっていくのはさすがに大変ですよね。

特に夏場などの湿気が多い時などは特に黄ばみも発生しやすくなってきます。

 

そこで、普段からあることを気を付けることで黄ばみをかなり抑えることが出来ます。

これをやるやらないでかなり変わってきますよ。

  • 朝起きた時にマットレスの掛布団やシーツを動かし、通気性をよくする。
  • 通気性、速乾性の良いシーツを使う。
  • 定期的にマットレスを干す。
  • 分厚いマットレスは立てかけるだけでも大分変わる。

黄ばみの一番の原因はこもってしまうことです。なので通気性を良くし、逃がすことでマットレスにかかる負担を抑えることが出来ます。最初は面倒かもしれませんが、毎日の日課としてやることで自然と慣れてきます。

 

そういう日々の積み重ねでマットレスを長く使っていくことが出来るのです!

 

まとめ

今まで気になっていたマットレスの黄ばみについて理解できたでしょうか?

毎日使うマットレスなので清潔さを維持して使っていた方が気持ちよく使っていくことができます。

Check!
・マットレスの黄ばみの原因を理解する
・こまめに重曹やセスキ炭酸ソーダなどでお手入れをする
・日頃マットレスの通気性を良くし、黄ばみを防止する。

以上のことに気をつけていれば、快適な睡眠時間を過ごせることでしょう。

 

特に分厚いマットレスなどは大変だと思います。ですが、日頃の疲れを取るために大事なマットレスなので休みの日ぐらいは天日干しすることや立てかけるだけでも快適に過ごす時間は長くなります。

 

時間はお金よりも価値あるものです。

汚れたらクリーニングに出せばいいやとか業者にお願いしようという気持ちもわかります。

 

ですが、毎日やることには誰でも慣れてきます。日々の習慣で快適な睡眠ライフを楽しんでいきましょう!

そうすれば、あなたの明日もきっと素敵な1日になりますよ!!

 

マットレスに黄ばみが出てきたら、まずは自分の力でお手入れをしていきましょう。

そうすれば、あなたのマットレスに対する価値観はきっと変わってきますよ!!

 

おすすめマットレスはこちら!

エムリリー優反発シリーズ
腰痛や体の疲れでお悩みなら・・・
腰痛・背中の張り・朝起きても疲れが残っている・夜中に目が覚める・・・もしあなたがこのような悩みをお持ちでしたら、エムリリーの優反発シリーズをおすすめします。
私が1か月以上使い続けた結果、これらの悩みが改善され、さらに睡眠の質が上った、寝つきが良くなった、よく歩くようになった、寝るのが楽しくなった等の変化が起こりました。

スポンサーリンク
おすすめの記事