マットレスのダニ対策には〇〇を使うと効果的!その〇〇とは?

10月下旬にもなり段々と冬になってきましたね、、、

あなたはもう冬用の布団を使ってらっしゃいますよね?

私は、冬用の布団を出してみて少し痒かったりしたので、「ダニ」でもいるかなと思い少し調べたのですが

調べてびっくりです、ちゃんと対策をしていない冬用の布団には

10万匹(死骸含む)もいるそうです。。。

10万というと、ちょっとした都市です。体中で色々なダニの暮らしがあると思うとなんか嫌ですね…。

もしあなたが2週間以上シーツや布団を洗濯したり干していなのならすぐに実行してみましょう。

たかがダニと思って舐めてると痛い目にあってしまいますよ。

しかし、実際にマットレスはシーツや布団のように洗濯したり簡単に干すことができませんよね?

星井
じゃあ、マットレスのカビ対策ってどうしたらいいんだろう?

って思いませんか!?

ですが安心してください。色々調べたら解決方法がございました!

マットレスにも簡単にダニ対策をすることができるのです!

ということで今回はダニだらけの布団で寝ることでどのような影響が起きるのか
マットレスへのダニ対策の方法をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ダニが体に与える影響

まずは、ダニが体に与える影響です。

大きく3つあります。1つの症状でもでると快眠する事ができなくなります。

ダニ恐るべしです…..。

アレルギー性鼻炎や喘息(気管支炎)

主にダニの死骸や糞などを吸い込むと、この症状が出てきます。

症状は鼻水、鼻閉、くしゃみ、むずむずする痒みなど、まるで花粉症のようです。

寝る時だけ花粉症のようになるなんてとても嫌ですよね。

そして、ヒドければ喘息だって出てしまします。

そんな状態じゃ寝れませんよね。

アレルギー結膜炎

これはダニの死骸や糞などが結膜にくっつくいて発症します。

症状としては、まず目やまぶたが痒くなります。
目をこすったり、かいたりしていると次第に痛みが加わり、目がゴロゴロした感じになります。

お風呂で体を綺麗にしたにもかかわらず、寝る時にはダニの死骸や糞まみれ、、、
なんて、考えただけで気分が悪くなりそうです!

さらに症状が悪化すると、透明な角膜の周囲が赤紫色になって、結膜にゼリー状の目やにがでてきます。
そんな症状が出てたらすぐに病院に行ってくださいね!

アトピー性皮膚炎の悪化

ダニの死骸や糞などによって皮膚が刺激されたことによって、

痒みのある湿疹が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気が悪化します。

私は幼い頃からアトピー持ちだったので、最近は布団に入ると痒みと湿疹が出てきます。
寝ること好きなのですが最近、嫌になりそうなくらいです、、、

アトピー持ちの方お気持ちお察しします、、、

そして、それがダニのせいだとわかったら、ダニに対して怒りすら覚えました!

対策方法

マットレスに対しては、5000円以上もする布団クリーナーを買わなければ対策できない

もしかしてあなたもそう思っていませんか?

最初は私も

「そのために飲み会を1回我慢するか….」

なんてことを考えていましたが

調べてみたらそんな必要ありませんでした!

どの家庭にもあるドライヤーで対策ができるんですよ!

ドライヤーでお手軽ダニ対策!

「ドライヤーなんかでダニの対策ができるの?」

なんて方いらっしゃるのではないでしょうか?

それができるのです!

ドライヤーの熱風の平均温度は100~120℃で、
低温のドライヤーであっても平均60~80℃ほどの熱風が出ます。

そして、ダニは死滅温度50℃以上なのです。
そのため、10~20秒ほど同じ場所に熱風を当てればダニは死滅します。

シングルベットぐらいであれば5分程度で全体的に熱風を当てることができます!
カップ焼きそばができる上がるくらいの時間やればぐっすり寝れる、と考えれば苦にならないですよね?

その後、掃除機などで熱風を当てた個所を吸い取ればダニの死骸がなくなり
簡単にダニ対策をすることができます!

これやるだけでも快眠度に違いが出てくると思います。

特別な家電は必要なくたった5分程度で快眠を得られることができるので
最近「痒くて寝ずらいな~」と思っているあなた、是非!

スポンサーリンク

まとめ

ここまで

ダニが体に与える影響
アレルギー性鼻炎や喘息(気管支炎)
アレルギー結膜炎
アトピー性皮膚炎の悪化
対策方法
ドライヤーでお手軽ダニ対策!

について書かせていただきました!

人間は睡眠中にコップ1杯分(約200cc)の汗をかくといわれています。

1㏄で約300匹ほどのダニが生息できるそうなので毎日60000匹のダニがあなたの寝汗で生かされていることになります。


しょうがないことなんですがゾッとしますよね?

特に冬場は布団も温かく湿気もこもり、髪の毛やフケだらけとなるとダニにとっては天国のようなものなのです。

なので対策をしていないとどんどん増えていきます。

ダニが原因であまり良い睡眠がとれず、体調を崩したらたまったもんじゃありませんね。

少しはダニに対しての意識が変わったのではないでしょうか?

日ごろからダニ対策をして健康被害に気を付けましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事