枕を変えればモテる!おすすめのいびき防止枕とは?

「いびきがうるさい!」

そんな言葉で目が覚めたことはありませんか?私は自分では気にしていませんでしたが家族や友達、ついには恋人にもいびきがうるさいと言われることがあり、睡眠で心身をしっかり休めることができずにいました。

 

いびきは自分では気付かないものの、自分の体にも負担がかかるためこのままではまずいと思い、私はいびきを改善する方法を模索しました。そして、私が辿り着いた先にあったのはいびき防止枕でした。

いびき防止枕を使いはじめてからは誰からもいびきがうるさいと言われなくなり、今までなくなることのなかった身体のダルさが嘘のようになくなりました。私はベッドに入って眠りにつくまでに時間がかかり、スマホでYouTubeを観て漁ったり、漫画を読みながら寝落ちするのが日課になっていました。

 

そのせいもあって毎朝一度で起き上がることができず、2度寝、3度寝してもまだ寝足りなさを感じながら嫌々ベッドから這い上がっていました。しかし、いびき防止枕を購入し使用し始めてからはベッドに横たわるとスマホをいじる暇もなく寝てしまい、朝は目覚ましが鳴る前に目が覚めるようになり2度寝をすることなくベッドから起き上がるようになったのです。

 

いまではCMばりにカーテンを開いて朝日を浴びています(笑)

 

そんな私が試したいびき防止枕の感想と効果、その評判について簡単にまとめてみました。あなたがもし、自分だけでなく周りからもいびきがうるさいと悩んでいるのであればぜひ、参考にしてみてほしいです。

スポンサーリンク

いびき防止枕の効果

 

いびき防止枕は呼吸をしやすい姿勢を保つことに優れています。いびき防止枕をつかうことで、睡眠中の呼吸を楽にできるのです。鼻炎持ちの方や、鼻が詰まりやすい方にとって必須アイテムと言えます!

 

端的に説明すると高い山で酸素が薄く息苦しい状態から常に酸素吸引器をつかってまったりした呼吸をしている状態になれるのです!

 

想像してみると得も言われぬ幸福感が味わえませんか?

 

いびき防止枕をおすすめする理由とは

いびき防止枕を使用することで幸福感が得られるようになります。

 

と書かせていただいた理由はズバリ、目をつむると膝枕。

 

これは私の主観になりますが、いびき防止枕を使用して目をつむると好きな人の膝の上に頭を乗っけているような幸福感が得られます。好きな人の膝枕って何とも言えない心地よさがあると思いませんか?

 

「枕を変えただけでいびきが改善されるの?」と疑ってしまう方もいると思います。私自身、使ってみるまでは信用できずにいました。「改善されるの?」という問いに対しての答えは改善されます!

大事なのは枕の高さが自分の身体に合っているかなのです。

 

いびき防止枕は主に低反発素材を使用しており、通常の枕と比べて自分の頭を包み込むように枕の形が変形します。そうすることで枕の高さが自分の身体に対して一番自然な形で寝転ぶことになり身体にかかる負担を和らげてくれます。通常の枕と比べると高さがありますが自分の頭の形に変形し、形が崩れにくいので寝返りを打ってもいびきをかきにくい体制を維持してくれます

 

スポンサーリンク

いびき防止枕で顔が整った

いびき防止枕の効果としていびきをかかなくなる・寝起きが良くなると説明してきましたが私が一番推したい付随効果として

顔が整ったことがあげられます。

 

いままでいびきをかいていたこともあって寝ても覚めても常に身体に負担がかかるばかりか、朝は顔がむくみ・疲れた顔をしていて鏡を見るのがつらかったのですが枕を替えたことによって身体への負担が減りむくみはもちろん、顔もすっきりしてまわりから「何かいいことあった?」と声をかけられるようになったのをよく覚えています。

 

なにより、気になっていた人から「最近素敵ですね」と声をかけられたときは心臓が飛び出るほどうれしかったです。(笑)まさか枕だけでここまで変わるとは思ってもいなかったのでいびきに悩んでいる方はぜひ、いびき防止枕を検討してみてはいかがでしょうか?

 

いびき防止枕まとめ

いびき防止枕まとめ
・いびき防止枕はいびき改善にオススメ
・いびき防止枕は朝もばっちり起きられる!
・いびき防止枕には個人差あり!ちょっとした工夫を模索すると解決するかも?
・いびき防止枕の付随効果で見た目が変わる!

 

結論

いびき防止枕を使えば、個人差はありますが、いびきが改善されてモテる。

口コミや評判で挙げられる硬さ・高さに関しても、ちょっとした工夫で解決できると思います。なにより、私は顔が整うだけでなく、姿勢もよくなり、今までとは違ったさわやかな朝が迎えられるようになりました!

 

あなたも是非、一度試してみてはいかがでしょうか!

  ↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

スポンサーリンク
おすすめの記事