睡眠を知らないと不健康になる!?睡眠不足の原因と対策とは?

睡眠不足に悩まされていますか?

 

「朝起きて鏡を見たら目のクマができでる!」「集中力が低下している・・・。」「朝から体がだるいな・・・。」など様々な悩みを持っていると思います。

 

私も学生時代、勉強や部活に力を入れていため、気づいた時は「日付をまたいでいた!」ということがほぼ毎日ありました。このような生活を送っていたため、十分に睡眠を取れずに一時期、睡眠不足になったことがありました。

 

単純に睡眠は「まぶたを閉じて横になって朝まで休めば良いだけでしょ?」と思っていましたが、休むだけが睡眠ではなかったのです!

今回の記事は、睡眠についての基礎知識から対策までを紹介します。

記事を読まないと睡眠不足がさらに悪化して生活リズムが完全に狂っていしまい、病気につながります。

記事を最初から最後までしっかり読めば、睡眠の知識をしっかり得て正しい睡眠方法で生活リズムが改善し、快適な一日を過ごすことが出来ます。

さあ、睡眠について一緒に考えていきましょう!

 

スポンサーリンク

睡眠とは?

皆様は睡眠について完全に理解できていますか?記事を読んでいる大半の人は「眠るだけでしょ?」「疲れを取るだけでしょ?」という答えが多いと思います。

 

確かに、眠れば疲れが取れるのですかそれだけではないのです!では、説明していきます!

 

睡眠は体の疲れを取るだけではなく実は脳の疲れも取っているのです。

睡眠には2種類あります。

 

それがレム睡眠とノンレム睡眠です。

詳しい説明は省略しますが、レム睡眠は眠りが浅い状態のことを表しており、まだ脳が活動している状態です。脳が活発な状態で筋肉などの体の部分を休ませるということを理解しておいてください。

ノンレム睡眠は、眠りが深い状態を表しており、レム睡眠と対照的に脳を休ませる睡眠と言います。休みと言っても完全に休むのではなく、必要最低限(内臓などの制御を最小限にする信号を送るなど)の状態にして脳を休ませると言えます。

レム睡眠とノンレム睡眠の周期を理解しておけば睡眠について理解できていると言えます。周期について詳しく知りたい場合はこちらを参照していただければ幸いです。

睡眠の質を上げて人生の質を上げよう

睡眠について理解せずに夜更かしなどをすると、睡眠のリズムが崩れてしまい、睡眠不足になってしまいます。

きちんと睡眠について理解をしておきましょう!

睡眠不足になると?

では、睡眠不足になるとどうなるのでしょうか?たくさんありますが、ここでは4つ紹介します。

 

集中力低下になる

レム睡眠とノンレム睡眠を十分理解せずに、不適切な睡眠を取ってしまうと脳が完全に疲れを取っていない状態で活動するため、脳は疲れたまま朝から夜まで活動をします。

 

疲れた状態で活動するとどうなるでしょうか?

 

さらに脳に負荷がかかってしまい、集中力が低下する原因になります。集中力が低下してしまうと仕事中にミスや自動車の事故などにつながります。

ストレス(イライラ)が増加する。

皆様も睡眠不足で、家族や仕事の同僚にイライラをぶつけることがあるでしょう。これも、脳が休んでいないサインです。

 

脳の疲れが溜まるということは、ストレス(イライラ)も溜まってしまうということにもなります。その状態で誰かに話しかけられたら自分でも意識していないのに相手にイライラをぶつけてしまいます。

 

体重が増加する。

「え!体重関係あるの!?」と大半の人は思います。私も最初は目を何回か擦りました。

 

あるデータによりますと、標準睡眠時間(78時間)の人と睡眠時間が短い人の空腹感を比較すると睡眠時間が短い人が空腹感が強いというデータがありました。つまり、満腹になるまで食べ続けるまで時間がかかるという意味にもなります。

 

短時間睡眠によって太るのです。

 

内臓が悪くなる。

集中力の低下と関連するのですが、睡眠時間が短いと脳だけではなく体も完全に休むことが出来ません。つまり、内臓にも睡眠不足の影響が出てしまいます。

 

内臓にも影響が出てしまうと、生活習慣病や糖尿病などが起きやすいという意味になります。

スポンサーリンク

睡眠不足の原因とは?

 

睡眠不足になるとどうなるか説明してきましたが、原因について考えていませんよね?では、睡眠不足になる原因とはなんでしょうか?これもたくさんあるのですが、代表的な原因を2つ紹介します。

 

ストレス

仕事・学校・家の中でも、必ずと言ってもストレスというのは存在します。ストレスを解消する方法があれば睡眠不足にはならないのですが、なかなか解消できないでしょう。

 

仕事を例に出すと「新しいプロジェクトがうまくいかない!」「仕事が全然進まない!」があるでしょう。

 

このように過度のストレスの環境で毎日過ごすとストレスが溜まってしまい、脳や体が休んでもなかなか疲れが取れないのです。

 

 

夜更かし

スマホやPCゲームなどを長時間プレイして気づいたら夜中の2時になるということがあります。このようなスタイルを毎日続けたらどうなるのでしょうか?

 

脳や体にも負担がかかってしまい、病気を引き起こす原因にもなりますよね。

睡眠不足の対策とは?

では、睡眠不足を解消するにはどのようにすれば良いでしょうか?ここでは4つ紹介します。

 

標準睡眠時間(68時間)取るように改善しよう!

夜更かしをしている人や仕事が学校で忙しい人もそうですが、根本的に治すには睡眠時間を改善するのが良いでしょう。

レム睡眠とノンレム睡眠について知っておくと、適度な睡眠時間がわかります。適切な睡眠時間を取ることで、脳や体を十分に休むとこができます。

標準睡眠時間を取ることで睡眠不足や過睡眠の人より、死亡率が低くなるというデータがあります。標準睡眠時間を取るように工夫をしましょう!

適度な運動をしよう!

適度な運動をすることによって、脳や体に疲れさせます。疲れさせるということは、睡眠しやすくなるという意味です。

時間に余裕があるならばジムなどにいって運動すると良いでしょう。もし余裕がなければ、通勤で使っているバスや電車を一駅分歩いてみたり、家の中で筋トレやヨガなどを行い少しでも身体を動かす習慣を身に付けるといいですね!

就寝前にスマホなどを使用しない!

就寝前にスマホやパソコンを触ってしまうと、眠気が吹き飛んでしまうことがあります。これが元になり、夜更かしをしていまい睡眠不足になります。

 

私も学生時代勉強が終わればストレス発散のため、就寝前にゲームをしたことがありました。ゲームが楽しくで気づいたら深夜の3時に回ってしまい、朝学校行くときは眠気がすごかったです。

 

ですので、就寝前に触らないようにしましょう!

 

コーヒーなどのカフェインを摂取する時間を考えよう!

カフェインは眠気を覚ます効果がありますが、摂取する時間を間違えてしまうと深夜になっても眠れなくなります。

 

私も経験したことがあるのですが、勉強に集中するためによるエナジードリンクを飲んでから勉強をしたことがあります。効果があるのですが、いざ就寝するとき「全然眠くない!どうしよう・・・。」ということがありました。

 

どうしてもカフェインを摂取したいのであれば、15時までに飲むなど時間帯を考えて摂取しましょう!

 

睡眠おすすめ商品紹介!

 

睡眠不足の対策について説明しましたが、さらに読者の皆様が心地良く眠れるよう睡眠の質をあげるおすすめ商品を2つ紹介します。

Mavogel アイマスク

Mavogelアイマスクは、従来のアイマスクと異なって頭から被るように設計されています。

 

このアイマスクの特徴は、

 

・通気性、保湿性に優れている

・長時間使用しても筋肉が疲れないようにしている

・密着度が高く、光の遮断性に優れている

・顔の大きさが合うように調整可能

 

です。良い睡眠を取りたい人や睡眠不足の人におすすめのアイマスクです。

 

AYO 高級ホテル仕様枕

この枕の特徴は、

 

・綿をたっぷり詰めているので心地よく快眠に導かれる

・洗濯可能である

・長時間使用しても変形しにくい

・抗菌防臭機能がついている

 

です。高級ホテルに宿泊したかのように、快適な睡眠に導くことができるのでおすすめです。

まとめ

 

今回の記事をまとめると

  • レム睡眠とノンレム睡眠を理解すること
  • 睡眠不足になると、集中力低下などさまざなところに支障が出る
  • ストレス、夜更かしなどすると睡眠不足になる
  • 睡眠不足の対策として、標準睡眠時間を取るように対策をしよう

 

睡眠を安易に考えてしまうと、最悪の場合寿命が縮んでしまいます。

睡眠不足のリスクに対する理解と対策をきっちりと行い、質の高い睡眠を取れるように心掛けましょう!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事