クラシックや音楽で快眠を手助け!おすすめの曲や聞き方とは?

やっぱりクラシックは良いなあ。

一希さん、何の音楽聞いてるの?

・・・・・・・・・・・・

一希さん 聞いてる?

・・・・・・・・・・・・

あれ?寝てるわ

クラシックには質の良い睡眠を促す効果があるそうです。睡眠に限らず、歌や音楽は人の心に様々な影響を与えます。感受性の強い方はメッセージ性の強い曲や悲しい曲などを聞いて涙を流したりする方もいます。

他にも小さい子どもにアップテンポな曲を聞かせると誰も教えてないのに踊ったりする子もいます。実際に私の姪がそのような音楽をかけると楽しそうに踊ったり、甥が赤ちゃんの頃ではあるのですが、歌をうたうと体を揺らすんですよね。これはまさに音楽や歌が人の心に影響を与えている証拠とはいえるのではないでしょうか?

これは睡眠にも同じことが言えます。眠りを誘う音楽を意識的に選んで適切な聞き方をすれば音楽が快眠をサポートしてくれます。睡眠用のCDも売られれいていますしその様な動画もあります。

快眠をサポートさせるにはリラックスした状態に持っていくことが大事です。人によってリラクッスの仕方は様々ですがと私はクラシックを聞いていてリラックスしてから寝るようにしています。

先日のことですが私は仕事で些細なミスをしてしまい、その日の夜はなかなか眠ることが出来ませんでした。ミスをした事が頭の中で巡ってしまいなかなか寝付けなくなりました。このような時は悪い事ばかり考えてしまい、どんどんマイナスな事ばかり考えてしまいます。あなたにもこんな経験はないでしょうか?寝れない日に嫌な事ばかり思い出して余計に眠れなくなる。

これはリラックス出来ていない状態で睡眠にも影響しているというわけです。今、不眠で悩んでいる方、不眠で悩み続けないよう私と自分にあった睡眠用の音楽を見つけませんか?

ということで今回は快眠におすすめなクラシックについて書いていきましょう。

スポンサーリンク

どんな音楽が良い?

ただただ適当に選んでクラシックを聞けば良いというわけではありません。おすすめの曲やその時の注意点などいくつかあるので書いていきます。

睡眠用におすすめの曲

●a波を誘う音楽

脳波で心がリラックス状態でいる際の脳波がa波と言われています。リラックスさせる状態に持っていくのは重要でありそのような音楽を選ぶと良いです。

●モーツァルトやバッハの曲

この記事を作成するにあたり私も色々と調べたのですが、クラシックの中でもお勧めされているのがモーツァルトやバッハの曲。中でもバッハの「G線上のアリア」はお勧めしてる方が多いですね。他にこんな面白いCDも売られていました。

眠りの専門医が選んだ-快眠クラシック-モーツァルト編-

 

眠りの専門医が選んだ-快眠クラシック-バッハ編-

※睡眠用の曲やバッハやモーツァルトの曲はYoutubeなどの動画にもありますが就寝前のパソコンやスマートホンの使用は睡眠の妨げにもなってしまいますのであまりお勧めは出来まん。

●スローテンポな曲を選ぶ。

激しくテンポな曲調やアップテンポな曲よりゆっくりめの落ち着いた曲調の音楽が睡眠の際には向いています。

●リラクゼーション用の曲を選ぶ

リラクゼーションにもa波を誘う音楽が数多くリラクゼーション用の曲も睡眠には向いているといえます。私が学生の頃にボランティアで老人ホームに行った時の事なのですが、その施設では曲を流しながら運動をしていました。その曲がなんだかとても非常に気持ちよくて穏やかな気持ちに私はなったのです。

まさにリラックスしている状態ですね。音楽療法ではこのような曲を使われていることも多く睡眠の際にも向いているといえます。

音楽を選ぶ時や聞くときの注意点

クラシックにも様々な種類があり、又、聞くときの注意などもありますので書いていきます。

●大きな音で聞くことは避ける

睡眠の為に聞く音楽は大きな音で聞くのは逆効果です。以前私はこんな経験をしました。睡眠不足中、大音量で音楽を流している車が通りすぎ、せっかく眠り入り始めたのにそれ以降なかなか寝付けなくなりました。なかなか迷惑な話ですがこのように大きな音は睡眠の妨げになってしまうので避けた方が良いです。

●あまりに激しい曲は避ける

大きな音と同様にテンポが早めの曲や激しい曲も睡眠用には向いていません。例えば赤ちゃんを寝かせる時の子守唄はゆっくりな曲が多いですし、子どもを寝かしつける時にhip-hopやラップを歌って寝かしつけるなんて人はあまりいませんよね?赤ちゃんだけでなく大人にも同じことは言えます。

●歌詞付きの音楽は避ける

歌詞付きの音楽はクラシックにはあまりないかも知れませんが歌詞付きの曲は脳に影響を与えてしまうので歌詞付きの曲もあまりお勧めしません

●寝ながら音楽をかける

クラシックは質の良い睡眠を促してくれますが、寝ながらの音楽は逆効果です。睡眠を誘う際に聞くときに丁度良い時間帯は就寝の少し前に聞くと良いです

●明るい所で聞く

明るい所で聞くよりも少し照明を暗くして聞くのが望ましいです。

 

スポンサーリンク

他にもある?クラシック以外で快眠を誘うこんな音。

クラシックの他にも快眠に繋がるとされている音楽があります。例えばオルゴール。オルゴールの曲って激しいテンポではなく落ち着いた曲のイメージがないでしょうか?睡眠の際にオルゴールを使う人もいるようです。

その他にも雨音や水が流れる音など自然の音も睡眠に良く、自然音ばかりを集めたCDも売っています。

最後に

質の良い睡眠をすることで、身心ともによい影響を与えることが出来ます。私が不眠に悩んでいた時の事なのですが、小さな事でイライラしてしまったり、凄く疲れやすくもなっていました。

ですが、不眠から解放された今は前のように小さな事でイライラしたり疲れやすさもかなり改善されました。

このように睡眠は体にも心にもかなり影響を及ぼします。今回のように音楽を利用したりするのも一つの手です。。実際に私はクラシックを聞いて不眠も改善されましたし、かなり効果はあるのではないかと私は考えています。

スポンサーリンク
おすすめの記事