ストレッチで快眠する方法とは?3分で出来るお手軽なメソッドは?

もっと寝たいのに!

朝はとてもつらいものですよね?

起きたくない!寝足りない!布団から出たくない!

毎日そう思っていました。私の脳はちゃんと起きていない状態でした。それで仕事や勉強は上手くいくでしょうか?そんなはずがありません。脳が完全に起きていないということは快適な睡眠をとれていないということです。

しかし、そんな私は寝る前の簡単なストレッチを行うことによって朝、脳が完全に起きるようになりました。

それは脳が完全に起きていない原因の不眠を快眠に変えるために行うストレッチです。たった3分でできるストレッチで、気持ちのいい朝を迎えることができるんですよ。この記事では寝ながらできるストレッチ方法を紹介したいと思います。

寝ながらなので、布団に入ってからでもできるストレッチです。数分でも時間を割くのは面倒という方も、面倒くさがりの私のように続けることができます!

スポンサーリンク

リラックス効果を得ることができる簡単ストレッチ

体の柔らかさや運動神経は関係なく誰でも短時間でできるストレッチ方法です。これから紹介するストレッチは快眠を得るために重要な「リラックス効果」を得るために最適な方法です。どれも寝る前に30秒程度でできる簡単ものなのでみなさんも快眠を手に入れましょう!

 

・手足ブラブラストレッチ

  • 仰向けの状態から手足を天井へ向けます。
  • 体の力を抜いて手足をブラブラ振りましょう。

 

緊張と疲れを取る効果があるストレッチです。1回15くらいで、それを3回ほどするのが目安です。

 

・背伸びストレッチ

① 仰向けの状態から手を上に伸ばします。
② 手足を引っ張られるような感覚でゆっくり伸ばしましょう。
③ これを30秒ほど繰り返します。

 

体の力を入れすぎないように注意するのが重要です。これも緊張をほぐし。リラックスにつながります。

 

・ひざ倒しストレッチ

①仰向けの状態から両手を左右に伸ばし、両膝を立てます。
②そのまま下半身を右に倒し、首は左に向けます。
③右に倒した下半身を左に倒し、首は右に向けます。

これを5回程繰り返しましょう。倒すときに深く息を吐き、起こすときに息を吸うことがポイントです。

 

・深呼吸ストレッチ

①仰向けの状態で手を足につける。
②手を空中に上げ、耳にくっつけながら息を吸う。
③円を描くように手を①の状態に戻し、息を吐く。

これを3回程繰り返しましょう。ラジオ体操の最後の「深呼吸」を仰向けの状態でする感覚です。呼吸法はリラックスするためにとても大切なことです。

 

ストレッチを手助けするストレッチポール

「ストレッチポール」をご存知ですか?ストレッチポールは細長いクッションのようなもので、これを使用することでより体から疲れや緊張を取り除き、リラックス効果も増します。

上記で紹介した方法は、すべてストレッチポールを使用して行うことができるストレッチです。使い方は背骨に沿ってうなじが端にくるように敷くだけです。安いものでは2500円ほどで手に入れることができるので興味のある方は是非買ってみてはいかがでしょうか。

なるべくお金を使いたくない!という方はタオルで代用することも可能です。タオルを三つ折りにし、巻きましょう。飲食店でよく配られる「おしぼり」の形をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

 

スポンサーリンク

快眠するための姿勢

快眠するための姿勢は仰向きで寝ることをおススメします。

仰向けで寝るメリット
・重力が体全体に平均的にかかるため骨や内臓への負担が少ない。
・顔が地面につかないのでシワ、むくみ、荒れなどが顔にできにくく肌を守る。
・体がまっすぐになるので血流もが良くなり、体が曲がりにくくなる。

以上のようなメリットがあり、快眠を目指すなら仰向けで寝るのがベストです。上記のストレッチ方法はすべて仰向けで行うものであり、横向きやうつ伏せで寝ていた人は、仰向けで寝る癖をつけることができます。ただし、

・いびきをかきやすくなる。

・腰に負担がかかる。

というデメリットも存在しますが、寝る姿勢にはどれもメリット、デメリットがあるので全てが完璧な睡眠方法はこれだということは決めることができません。人それぞれ違いがあるものなので自分にあった姿勢を見つけるのも1つの方法でしょう。

 

快眠を得るためのストレッチまとめ

まとめ
・快眠を得るストレッチは簡単で短時間でできる!
・リラックス効果や疲れを取る手助けをするストレッチポールを使用するとGood
・仰向けで寝るのが快眠の近道
・自分にあった姿勢を見つけるのも大事

 

結論

1日たった数分で快眠を手に入れることができます。これらは続けることが大事です。快眠を手に入れてつらい朝に「さようなら」を告げましょう!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事