布団派VSベッド派論争に終焉!?オススメ快眠マットレスはこれ!!

夜眠る時に必ず使うもの。そう、ベッド(マットレス)です。

 

毎日使うものだからこそ、こだわっていただきたい!

 

あなたは、まだ気づいていないかもしれません。いま、あなたが使っている寝具がどれだけあなたの疲れを取ってくれているのかを。もしかしたら余計疲れてしまっているかもしれません。

 

まず、寝具と聞いてベッド派布団派で分かれると思います。私は断然ベッド派です。以前は、私も布団で寝ていたこともあります。しかし、30代前半にベッドに買い替えてからすこぶる体調がいいんです。

 

実は私は30歳になる前あたりから腰痛に悩まされていたんです。営業で外回りとなると移動がどうしても長時間になってしまい、座っている体勢が段々と辛くなっていました。

そんな時、いままで使っていた布団が寿命を迎え、買い換える時に偶然、店員さんに勧められてベッドを買ったんです。それからというもの、寝るたびにその日の疲れをガンガン取ってくれているのがとても実感できたんです。

ベッドってすごいなって思いました。

 

気になって調べてみると、なぜ体調が良くなったのか分かりました。それからはベッド、マットレスに少し興味が出てきて少しずつこだわるようになりました。今回は調べてきた中、使ってきたベッド・マットレスをご紹介したいと思います。これから一人暮らしをする方や子供が大きくなってきてもう一つ寝具を買おうと思っている方にも是非オススメです。

スポンサーリンク

ベッドがオススメな理由は?

まずベッドは脚がついているため床からの距離が離れることになります。

 

家の中というのは人が寝静まっていても床から30cmまでの範囲はホコリが舞った状態になっているんです。布団で寝るということはそのホコリが舞っている「ホコリゾーン」に頭を突っ込んで寝ているのと同じことです。喘息を持っている方やハウスダストアレルギーを持っている方にはそれが毎晩、7~8時間続いていると思うとかなり辛いですよね。

 

喘息やアレルギーがなくてもそれだけ多くホコリを吸って健康に良いわけがありません。また寝る場所が床から離れているので立ち上がる際の負担が少なく高齢の方や、最近足腰が弱くなってきたと感じた方にもベッドがおすすめです。

 

また、何よりも布団と比べて差が歴然なのがクッション性です。その差を生み出しているのがマットレスです。マットレスとは、ベッドの上に敷いてクッション性を高めるものです。クッション性が良くなると体圧分散効果により身体の各部分に掛かる負担を軽くしてくれます

 

ですので、良いベッドを選ぶというよりは良いマットレス良いマットレスを使ったベッドを選ぶことが快眠への近道です。ベッドの紹介となるとフレーム部分が主体となってきますから快眠のためにはどのベッドが良いとかはあまり関係ないので今回はマットレスに注目してご紹介していきたいと思います。

 

実際に快眠を届けてくれるマットレス・ベッド

マットレスが大事なのはわかったけど、実際、どれが、どんなのがいいの?と思われるかもしれません。今回は、マットレスを種類ごとにいいところ、悪いところを交えながらご紹介します。

ボンネル系コイル

耐久性が高く、値段も安価、体を全体で支えてくれるマットレスです。コイルが上下左右に連結した構造になっているため、体重が掛かると全体が沈み込むようになっているものです。

 

沈み込む量が少ないわけではないんです。

 

体重が全体に分散されるため、自分の寝ている部分のカーブが緩やかになるためマットレス自体に負担が掛かりにくく長期間使えるということです。また、コイルで構成されているため、通気性がよく夏場にも安心して使えるのもメリットですね。

デメリットとしては面で体を支えるため、寝姿勢がまっすぐ維持しにくいということです。夜寝てから朝起きるまで姿勢が変わらないという、寝相のいい人にはいいのですが私のような寝相が悪く家内に怒られるような方には向いていないかもしれません。

 

また、コイルが連結しているため二人で寝ていると、自分の寝返りでベッド全体が揺れ相手を起こしてしまうなんてことも。

 

まとめると、

ボンネル系コイルをおすすめしたい方
・1人用
・こまめな掃除がしなくても良い
・耐久性が高い
・寝相がいい

 

こんなマットレスをご希望の方にオススメです。個人的にはまぁ床に布団を直接敷いて寝るよりはいい睡眠ができるかな、というくらいの感想ですが。

 

高密度スプリング

別名ハイカウントと呼ばれるこのマットレスはボンネルコイルマットレスの約1.5倍程度のコイルが使用されているものです。コイルが増えると何がよくなるの?と思う方もおられるでしょう。ズバリ、支えられる体重が重くなるんです。

そりゃそうですよね。建物の支柱なんかも多くなれば強くなりますから。寝心地は硬めで沈み込みも少ないため体の重い方に好まれる傾向があります。しかし、体重の軽目な方が使ってもメリットがあるんです。沈み込みが少ないということは寝姿勢がまっすぐを保ちやすいのです。

寝姿勢がまっすぐということは一部に負担が集中しにくいので快適な睡眠へ繋がります。子供からしたらトランポリンのようなもので昼間はおもちゃになってしまうかもしれません。

 

会社内での談笑の中で部下に聞いてみたところ部下の家では5歳の息子がベッドの上で飛び跳ねて遊んでいたそうですがそれから10年近く使用できました。と笑いながら話してくれたため、耐久性は抜群のようです。

高密度スプリングまとめ
・体重が気になってきて硬めなマットレスが良い
・沈み込みの少ないマットレスが良い
・長期間使用できる頑丈なものが欲しい

 

こんなマットレスをご希望の方にオススメです。

 

 

ポケットコイル

まずこのマットレスの一番の特徴は身体を点で支えてくれるという点です。点で支えると聞くと不安定そう、とか負担が集中しそうと思われるかもしれませんが逆なんです。

 

点で支えてくれるということは寝る人の体型に合わせて沈み込む量が変化するので自然な寝姿勢を作ってくれるということなんです。自然な寝姿勢が保てるので身体の一部に負担が集中することもなく快適な睡眠が取れるので、睡眠中にしっかり一日の疲れを癒すことができます。

 

ここまでいい事しか書いてないんですけどしっかりデメリットもあります。それは、

値段が高いんです。

 

まぁピンキリなので色々とあるので簡単に比較ができないんですけどやっぱり快眠を手に入れるための代償なら、と考えれば安いものです。私も実際、使用しているマットレスはポケットコイルのマットレスです。多少高くても毎日の疲れを取ってくれるマットレスがあるってだけで毎日、睡眠前に不安になることがなくなるなら買って損はしないものだと思いますよ。

ポケットコイルまとめ
・コイル系のマットレスの中で最もフィット性が高い
・適度に弾力性もあり快適な寝心地
・値段がほかに比べて少し高い

 

 

コイル系マットレスの中から選ぶ際に気をつけるポイントは体にフィットするマットレスを選ぶ!ということですね。耐久性や価格の方を重視するならばそのほかのコイル系マットレスを選択するのもアリですね!

 

低反発マットレス

低反発。最近なんでも低反発になってきていますよね。枕やクッション、人形にまで。いろんな場所で使われるということはそれだけ多くの人が使っているということです。

 

低反発材のマットレスは体重の重い頭や、腰周りなどは深く、腕や脚などは浅く、その人に合った形に変化してくれるのが最大の魅力です。しかし、体重が重すぎると沈み込みすぎるので女性子どもの使用が最適と言えるでしょう。

 

また、寿命がコイル系マットレスと比べて短く、平均的には2~3年と言われています。毎日使う部分が凹んでしまって体重をかけなくても戻ってこないという様な状態になってきたら交換が必要です。

 

高反発マットレス

低反発マットレスに比べて硬いため、不必要に沈み込むことがありません。硬めの寝心地を好む方はもちろん、寝姿勢が原因で腰痛に悩んでいる方にもおすすめです。最も身体の中で重い腰部分が沈み込みすぎないため、寝返りがしやすいので寝相が悪い私のような方に適していますね。

 

また、低反発のマットレスに比べ、通気性が良くなっているので夏場の使用ムレにくいというメリットもあります。

 

デメリットとしては低反発マットレスよりも種類が少ないということです。自分の欲しい大きさや厚さがなかったり少しお値段が張るという部分がネックとなっています。また、低反発に慣れている方だと反発力が強いため違和感を感じ、気持ちよく眠れないということもあるようです。

スポンサーリンク

まとめ

私がおすすめするのは断然ポケットコイルのマットレスです。最初のベッドには高密度スプリングタイプのマットレスでしたが長年使用している間に凹みやヘタリが出てきて買い換えることになりました。購入する前は高反発マットレスポケットコイルかで悩みました。

 

実際、お店に行って触ってみたり、ネットのクチコミを見たり色々調べてポケットコイルを購入しました。

 

後悔はしていません。

なぜなら、快眠を届けてくれたからです。偶然、私の体質に合っていたのでしょうか。朝起きた時が気持ちいいんですよね。なんというか、スカッとするような、やる気が溢れて朝、家族に「行ってきます!」と元気に言って会社に行ったり早起きして優雅にコーヒーを一杯、なんてこともしばしば。

身体にフィットしたベッドとマットレスっていいですね。

 

私が色々ご紹介しましたが最終的には自分に合ったベッド、マットレスを使用することが一番の快眠への近道です。

 

たかが寝具一つ、されど寝具一つですよ。

 

快眠を手に入れた私からの格言のようなものです。あなたにも快眠の毎日が手に入りますように祈っております。

 

 

おすすめマットレスはこちら!

エムリリー優反発シリーズ
腰痛や体の疲れでお悩みなら・・・
腰痛・背中の張り・朝起きても疲れが残っている・夜中に目が覚める・・・もしあなたがこのような悩みをお持ちでしたら、エムリリーの優反発シリーズをおすすめします。
私が1か月以上使い続けた結果、これらの悩みが改善され、さらに睡眠の質が上った、寝つきが良くなった、よく歩くようになった、寝るのが楽しくなった等の変化が起こりました。

スポンサーリンク
おすすめの記事