いびき対策にはサプリが効果的?その理由は?オススメも紹介!

「妻にいびきがうるさいって言われた・・・」

「なんとかしていびきを治したい!」

もしあなたがこのようなことで悩んでいるのなら、サプリを飲むことをオススメします。

 

「栄養不足や睡眠不足ならわかるけど、いびき・・・?」

「本当にサプリなんて効くの?」

もしかするとあなたは今、こんな疑問に持っているかもしれません。

 

でも、その必要はありません!

 

なぜなら、私も同じようなことで悩んでいたからです。

2ヶ月ほど前、会社の仲間で集まって旅行に行きました。

全員同期で仲が良かったので、私にとってはとても楽しい旅行でした。

しかし旅行が終わった翌日、一緒に旅行したメンバーの1人が私にこう言ったのです。

会社の同僚
星井さんのせいでせっかくの旅行が楽しめなかったじゃないですか!

どういうことかと聞くと、彼は私のいびきがうるさくて夜に何度も目を覚ましてしまったらしいのです。おかげで2日目は眠気に耐えながら過ごしたのだとか・・・。

会社の同僚
そのいびきをなんとかしなかったら、次からは誘いませんからね!

 

なんということでしょう。

私は自分のいびきのせいで、気づかないうちに周りの人に迷惑をかけてしまっていたのです。

 

誘われないのは悲しいので、なんとかしていびきを治そうと決意。

いろいろ考えた結果、一番簡単で続けられそうなサプリを飲むことにしました。

とはいえ自分では効果のほどが分からないのでモヤモヤしていましたが、しばらくして妻からこんな言葉が。

理沙(妻)
あなた最近、いびきかかなくなったわね。

それを聞いて、私は飛び上がりました。これで旅行に誘われなくならなくて済む!

このことを同僚に伝えると、彼は喜んで次の旅行の計画を教えてくれました。出発予定日は3日後。あ、危なかった・・・。

 

そして旅行が始まり2日目の朝、同僚が私にこう言いました。

会社の同僚
昨夜はぐっすり眠れたので、今日も旅行を楽しめそうです!

その言葉を聞いて、とても嬉しかったのを覚えています。

いびきを改善したおかげで誰かを喜ばせることができたのです。これほど素晴らしいことが他にあるでしょうか。

その後も旅行は無事に終わり、最終的には会社の仲間との友情も深まった良い旅行となりました。

 

 

とまあこんな感じで、実際にサプリを使うといびきを改善することができるのです。

 

「なぜいびきがダメなのか、他にも理由があったら知りたい!」

「サプリが効果的なのは分かったけど、オススメとかないの?」

もしかするとあなたは、そんな風に思っているかもしれませんね。

でも大丈夫。ここからはそんなあなたのために、いびきがもたらす悪影響や私が試してオススメできるサプリについて詳しく解説します!

星井
ところで、理沙たちには僕のいびきがうるさくなかったのか?

理沙(妻)
だってあなた以外みんな耳栓して寝てるから。

星井
そ、そうだったのか・・・

 

スポンサーリンク

いびきをかくとこんなにも身体に悪い!

いびきが良くないとされる理由が周りの人に迷惑をかけるだけではない、ということをあなたはご存知ですか?

それだけならまだ何とかなりますが、実は身体にも悪い影響があるのです。

そもそも、なぜいびきをかくのか?

そもそも、私たちはなぜいびきをかくのでしょうか?

アニメや漫画ではよく寝ていることを表すのに使われがちですが、実は真逆なのです。

 

いびきとは、寝ているときに気道(空気の通り道)が狭くなったとき、そこを通る空気が鳴らす音のことを言います。

気道が狭くなると、肺に空気をうまく取り込むことができません。そのため睡眠中に呼吸を止めているような状態になり、苦しく感じます。

そうなると身体は必死に空気を吸おうとするので、喉が大きく振動します。その振動が空気に伝わって大きな音となるのがいびきです。

そのため、いびきをかく人は睡眠時の血液中の酸素量がとても低くなっています。

いびきがもたらす悪影響

こうしたことが理由となって、いびきには「睡眠時呼吸障害」という名前がつけられています。(このうち最も症状が重いものは「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれています)

障害や症候群と言われるくらいですから、身体に悪いことがあるのは当然ですよね。

具体的には、次のような影響があります。

    • 熟睡できず、疲れが残る
    • 朝起きたときに頭痛がする
    • 集中力が低下する
    • 血圧が上昇し、生活習慣病のリスクが高まる

 

このように、いびきをかくと周りの人だけでなく自分にも悪影響を及ぼすのです。

サプリを使った方がいいのはこんな人!

ここまでいびきのメカニズムや悪影響について解説してきましたが、こう思った人もいるのではないでしょうか?

「空気の通り道を確保するんだったら、別にサプリじゃなくても良くない?」

その通りです。当然ですが、他にも方法はあります。それがこちら。

今すぐいびきを減らす方法
    • マウスピースを使って口呼吸をやめる
    • 横向きに寝る

 

どちらも今すぐにでも気道を広くできる方法です。しかし、これらには弱点があります。

マウスピースは自分の歯型に合ってないと意味がありません。歯医者に行けばオーダーメイドで作ってくれるところもあるそうですが、そうなると金銭的な負担が大きいです。

次に横向きに寝る方法ですが、これは肥満気味の人には難しいです。そうでない人はしても良いと思いますが、対処療法的で効果は低いでしょう。

ですので、私はそういった短期的な方法はオススメしません。

 

代わりに、次のような方にサプリをオススメしています。

サプリがオススメな人
    • 中長期的ないびきの改善に取り組みたい人
    • 肥満気味の人

 

特に、肥満気味の人はサプリを使った方が絶対にいいと私は思います。

なぜなら、太っている人はそれだけで気道が脂肪によって塞がれているからです。ですので、短期的な方法ではいびきの改善は難しく、サプリによって中長期的に取り組むことが効果ははるかに高いでしょう。

また、同時に運動にも取り組むことをオススメします。ダイエットで首回りの脂肪を落とすことで気道が広くなるだけでなく、それだけでぐっすり眠れる可能性が高くなるからです。生活習慣病も予防できますし、一石三鳥ですよ。

 

スポンサーリンク

オススメのサプリを紹介!

ここまで読んで、サプリを使ってみたいと思ったあなた! 「どのサプリがいいのか分からない」と思っていませんか?

そんなあなたのために、ここからは私が実際に使ってみた中で、オススメできるサプリを紹介します。

 

ちなみに、気道を広くするために摂取するべき成分は、コエンザイムQ10とリンゴ酸マグネシウムの2つです。

コエンザイムQ10は喉の筋肉を弛緩させて気道を広げてくれます。ビタミンEも同時に摂取することで吸収効率が良くなるので、こちらも入っているとなお良いでしょう。

リンゴ酸マグネシウムは声帯の周囲の筋肉をリラックスさせ空気の通りを良くするので、この成分も効果的です。

 

そして見事、その条件にハマったサプリがこちら!

 

1つ目のサプリにはコエンザイムQ10とビタミンEが、2つ目にはコエンザイムQ10とリンゴ酸マグネシウムが含まれています。

残念ながら3つ全ての成分が入っている商品は、私には見つけられませんでした。もし見つけたならば、お問い合わせ欄から教えていただけると嬉しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

この記事では「いびきを何とかしたい!」という方に向けて、

いびきがもたらす悪影響
    • 熟睡できず、疲れが残る
    • 朝起きたときに頭痛がする
    • 集中力が低下する
    • 血圧が上昇し、生活習慣病のリスクが高まる
サプリがオススメな人
    • 中長期的ないびきの改善に取り組みたい人
    • 肥満気味の人
オススメのサプリの条件
    • コエンザイムQ10(+ビタミンE)もしくは
    • リンゴ酸マグネシウムが含まれている

 

といったことを解説しました。

 

私はサプリを使っていびきを改善することで、仕事の能率と業績が上昇し上司に褒められることが多くなりました。また頭痛も減り、運転中に眠気覚ましのガムを噛むこともなくなりました。

ですので、あなたも試してみる価値は十二分にあります。

ぜひあなたもサプリを飲んで、いびきに悩まされない快適な睡眠を楽しみましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事