着る毛布で寒さともオサラバ!タイプ別の特長と賢い選び方は?

あなたは着る毛布を使ったことはありますか?

理沙(妻)
これすごくいいわ~♪

星井
何使ってるの?

理沙(妻)
あなた知らないの?「着る毛布」よ。

星井
見たことあるけど、使ったことないな~。

理沙(妻)
使ってみたらどう?けっこう快適よ。

と妻に言われて使ってみたのですが、正直ハマります!

それもそのはずダメ人間製造機」とのユーモアな名称を付けられるほどの商品なのです!

肩口から足元まで体全体を毛布で覆う着る毛布ですが「ガウンタイプ」や「ボタンタイプ」など様々なタイプがあります。

名称の通り「毛布を着ている」状態になります。そのまま外出することはまずできないため家に籠もりきりになりがちになり「ダメ人間」になってしまいます。

確かに嫁は着る毛布を使い始めてから外に出ることが少なくなったような気が・・・(笑)

私も気を付けなければ!

というわけで今回は着る毛布について「メリット・デメリット」と「選ぶポイント」をご紹介いたします!

スポンサーリンク

メリット

すぐに温まる

当たり前といえば当たり前なのですが着たら全身すぐに温まれます!

普通の毛布の場合だと、ひざ掛けにしたり、包まれてみても足元が出ていて全身温まりませんが着る毛布ならそんなことはありません!
全身が毛布で覆われているので、とにかく温かい。。。

家に帰ってすぐ暖房を入れても温まるのに10分くらいかかってイライラすることありますよね?私は手を洗うときになかなかお湯が出ない時にもイライラします(笑)。

ですが、着る毛布なら着て瞬間で温まっていきます!最高ですね!

デスクワークがしやすい

毛布っていうとごわごわしていて重そうなイメージしませんか?

ですが全くそんなことはありませんでした!

着る毛布は家でくつろぐ際には最強のアイテムだったのです!

デスクワークだけではなく読書、お昼寝など座ってこなせることならとりあえず着る毛布を着ます。着る毛布を着て映画をみながらうたた寝をするって最高ですよね?

私なんかは今、寒いので着る毛布を着ながらこの記事を書いています。ないと書けないです(笑)

体温調整がしやすい

誰かと住んでいるとよく、みんな丁度良い温度だと言ってるけど自分だけ寒いと感じているからエアコンの温度を変えたい・・・。

なんてことありますよね?

ですが、着る毛布があればわざわざ暖房を高く設定しなくても体温調整できるので部屋の中での体温調節がしやすくなります。

我が家の場合はよく妻と暑い寒いでエアコンのリモコンの取り合いになります。
でも着る毛布を使い始めてからリモコンの取り合いが減りましたね。
人によっては「喧嘩を減らせる」というメリットもあるかもしれません(笑)

3つメリットを紹介しましたが、想像しただけで「ダメ人間」になりそうですね、、、

デメリット

トイレに行きづらい

着る毛布は、ポンチョタイプ以外脱がないとトイレに行きにくいので面倒です。毎回トイレの度に着る毛布を脱ぐのはめんどくさいですよね。

よくゲーマーの方がトイレを我慢しすぎて膀胱炎になったとか話を聞くのでいくら脱ぐのが面倒だからって我慢しすぎないように注意しましょう。

家事をしにくい

着る毛布の丈がロングタイプの場合です。

床に着る毛布が当たることがあります。そのため家事をしながら着用するのはあまりオススメしません。洗い物も着る毛布が濡れてしまうかもしれないのでオススメできません。

どうしても脱ぎたくない方は腕まくりをして工夫したり丈の短いデザインをあらかじめ選んだりして対策を取りましょう!

デメリットは家の中で動く人に対してありますね。

次は購入のときのポイントです!

スポンサーリンク

着る毛布の選ぶポイント3つ

着る毛布は、使い方を間違えるとその快適さにハマってやめられなくなり「ダメ人間」になってしまいます。

そんな着る毛布選びのコツは大きく3つ!

3つのポイントを意識することで、自分にしっくりくるものを見つけることができます。

肌ざわり・素材

肌に触れるものなのでとても大事ですね!

使う方によっては下着の上に直接着ることもあると思います。そのため、ストレスのない着心地の良い素材であることが大切ですね。

ほとんどの素材が「マイクロファイバー」ですが一概にマイクロファイバーと言っても製品によって細かい違いがあるので実際手に取ってみて自分にあるものを選びましょう!

また、洗濯をある程度繰り返しても持続することが望ましいですね。

私の場合、ネット通販などで購入する時には購入者のレビューなどを参考にしてたりちゃんと商品のことを調査してから買うようにしてます。
楽しみにしていた商品が想像と違ったら、
「好きなアニメが実写化したけどクオリティが低すぎてがっかり」ってぐらいの絶望感ですからね!

 

タイプ

着る毛布には大きく、

  • 「ガウンタイプ」
  • 「ボタンタイプ」
  • 「ポンチョタイプ」
  • 「ルームウェアタイプ」


の4種類があります!この4種類にはそれぞれ特徴がありますので説明していきますね!

ガウンタイプ

気軽に羽織れて長さ調節もしやすい
・着脱がしやすい
ボタンタイプ

・動き回ってもはだけにくい
・保温性能が高い
ポンチョタイプ

・動き回ってもはだけにくい
・着脱が楽ちん
・保温性能が低い
ルームウェアタイプ

・動きやすい
・保温性能が高い

私は初めてだったのでスタンダードな「ボタンタイプ」を購入しました。妻は「ルームウェアタイプ」を着ていて快適そうだったので来年は「ルームウェアタイプ」も試してみようかなと思ってます!

それぞれのライフスタイルに合わせて選びましょう!

サイズ感

着た時のサイズ感はとても重要ですよね。


メーカーによって「ショート」「ミディアム」「トール」などの様々サイズがあります。
自分の身長や体型に合ったものを選んでいきましょう!

小さすぎると足元が冷えやすくて温かさに不満になってしまったり、
逆に大きすぎると動きにくく、歩くときに踏んづけて転んでしまう恐れがあり危険です。

また、裾を擦ってしまうと生地が傷みやすく袖も長くなりすぎて不便に感じることもあるかもしれません。着る毛布を着て、室内でどのくらい活動するのかによってもサイズ選びは違ってきますね。

まとめ

着る毛布の「メリット・デメリット」「選ぶポイント」について紹介させていただきました。

メリット
・すぐに温まる
・デスクワークがしやすい
・体温調整がしやすい
デメリット
・トレイに行きづらい
・家事をしにくい
選ぶポイント3つ
・肌ざわり 素材
・タイプ
・サイズ感

私はハマってしまったので春になるまで手放せないと思います。

興味が出た方は今回の記事を是非参考にして自分に合った一着を探していただきたいです!

スポンサーリンク
おすすめの記事