移動中はぐっすり寝たい!おすすめの空気を入れるだけの枕とは?

なんであの人はいつも元気でいられるのだろう?

 

あなたの周りにも1人はいませんか?仕事や私生活でも活発に動き、成果をあげて人からも信頼されている人。毎日を楽しそうに過ごし、悩み事などないように見えますよね。一緒にいるだけで元気をもらえます。

 

それに対して私は仕事もイマイチで、私生活も地味に過ごしています。なんとなくだるさが残り、つまらない過ごし方をする毎日です。家にいても妻からは「ダラダラしてないで掃除でも手伝ってよ!」と、息子達からは「友達のパパはもっと遊んでくれる」なんて言われる始末。

 

わかってはいるんですけどね。休日くらいゆっくりさせてくださいよ、なんて言ったら不満がたまるだけなので黙っているだけになります。そんな毎日を過ごすだけでした。こういう人がほとんどですよね。休日は休むためにあるので、間違っていることではありません。

 

ではなぜ休日も楽しそうに過ごし、仕事でもうまくいく人たちもいるのでしょうか?不思議に思ったので、生き生きしている人を観察してみることに。

 

その秘密は枕を使った睡眠にありました。元気な人ほど隙間時間をうまく使って睡眠を取っているのです。しかも時間の管理も完璧にこなしていました。ただ寝ているだけではありません。首元に当てて使う、クッションのような枕を使っていたのです。しかも気持ちよさそうに寝ていました。

 

なるほど!こういった工夫をすることで疲れをうまく取っていたのかと納得しました。小さな工夫を重ねることで日常で時間を作れると知ることに。また枕があることで、自分にとって快適な空間に変わると気づかされました。早速使ってみると体が軽くなり、毎日の動きが軽くなっていくことを感じました。

 

仕事にも集中できるようになり、徐々にいい方向に向かい始めました。休日も楽しめるようになり、妻や子供との会話も増えたと実感しています。

 

積み重ねた睡眠時間が気持ちに余裕を与えてくれました。枕が快適な睡眠を作ってくれた結果だと思います。あなたの体は思った以上に疲れているかもしれません。枕を使って、いつでもどこでも眠れるような環境を作ってみませんか。

スポンサーリンク

睡眠不足はいいことなし!あなたは眠れていますか?

 

眠れない日はつらいですよね。夜更かしだけでなく、日常のストレスなど様々な要因が眠りを妨げます。しかし実際はあなた自身が眠りにくい生活を作っているかもしれません。生活習慣を見直すことが大事です。

  • パソコンやスマートフォンを見る時間が長い
  • 眠りに入るまで時間がかかる
  • 途中で起きることが多い
  • 起きたときはスマートフォンを見ている
  • 不安になる
  • 憂鬱な気分になる
  • 朝起きてもスッキリしない
  • 急な眠気に襲われる
  • 生活が不規則

     

    心当たりありませんか?誰しも経験したことがあることばかりです。私も人のことはいえません。ほとんど自分のことのようです。

     

    特にスマートフォンは使う時間が長くなってしまうことですね。便利になったからこそ、自制することが難しくなります。

    ついついゲームで遊んだり、動画を見たり、SNSのチェックをしてしまいますよね。その行為が寝不足につながることは当然です。

     

    残業や長い通勤時間に苦しんでいる方も多いと思います。生活の中心が仕事になってしまうこともあるでしょう。睡眠時間が短くなることで、つらい生活から抜け出せなくなります。睡眠は日々の生活から体を調節してくれます。人間にとっては欠かせない時間です。

     

    上記の行為をすべて辞めることは難しいです。すぐに生活を改善することは難しいかもしれません。私もすぐに変えることはできませんでした。なのでまずは小さなところから始めることが重要です。私は仕事の休憩時間や通勤時間に睡眠を入れることで、毎日約1時間の睡眠を確保できました。

     

    もちろん枕を使っての睡眠です。これがまた気持ちよく眠れるようになってしまい、枕の重要性を教えられました。出張中も大活躍してくれましたね。移動中はよく眠れるので、嫌だった出張がいい睡眠時間となりました(笑)。

     

    なんでもない時間で体を休めることができます。枕が味方をしてくれているようです。いつでも眠る準備はできていますと言ってくれます(笑)。少しずつ生活も改善し、表情も明るくなってきました。隙間時間に枕を使って、まずは睡眠のつまみ食いから始めてみませんか。

     

    持ち運びに便利!快適な睡眠をお届けする枕

    いつでもどこでも寝たいからといって、場所をとる枕を常に持ち歩くわけにはいきませんよね。バッグに収納しやすいように、空気で膨らむ枕を使用することをおすすめします。使わないときは空気を抜くだけです。

     

    Chicmonde 手押しポンプ式エアーネックピロー
    ・空気を入れることが簡単にできます
    ・U字型頸椎サポートデザインで、ネックピローが首にぴったりにフィットします
    ・肩、背骨や首への負担を減らします。飛行機での旅行、自宅やオフィスでのお昼寝に便利です
    ・空気の漏れを防ぎ、破裂を防止するデザインです
    ・取り外して水洗いができるので何度でもご使用いただけます
    ・商品先端の凸部にあるボタンを繰り返し軽く押すだけで膨らませることができ、30~60秒で完全に膨らみます。

     

    持ち運びに便利なだけでなく、洗えるところが親切ですよね。使う人のことを考えて作られていることがわかります。

    もちろん寝心地はとてもいいものです。どこでも眠れることを実践できます。飛行機や新幹線でも大活躍してくれるでしょう。

     

    最初に使ったときは緊張しましたが、いつの間に寝てました。お恥ずかしながら休憩時間を過ぎても起きなかったので、上司に叱られました(笑)首回りを包まれると落ち着きますね。重さもなく、手触りのいい生地が眠りに落としてくれました。寝すぎに注意ですね。

     

    出張中も手放せなかったです。移動中は寝ることに集中できます。いびきをかいていないか不安になるくらい熟睡していました。枕なしの時は緊張からか眠れないことが多々ありました。シートを倒すことも申し訳ないので、結局は起きて時間を過ごしていました。

     

    最近は通勤電車でも使うことも考え始めるようにもなりました。周りの目が気になりましたが、どうしても寝ておきたいときは使うようにしています。この枕を使うことで眠りにつくことができるようになり、安心して乗車できます。寝過ごすことだけは気を付けてくださいね。

    エアーピロー
    ・表面生地は滑りにくく、触り心地の良い加工をしております
    ・アウトドア・キャンプにもおすすめです
    ・超軽量コンパクトが魅力です。収納する時のサイズは13*5cmです
    ・缶コーラより小さく、重さも78gと非常に軽いです
    ・素早く膨らませられます。3〜5回程度空気を吹き込むだけですぐ膨らみます
    ・バルブの底を開いたらわずか数秒で空気が抜けます
    ・特殊な二重バルブを使用しているので空気の漏れを効果的に防ぎます

     

    こちらは一般的な枕の形ですね。寝る場所が必要ですが、持ち運びも楽なのでキャンプなどアウトドアをする方には便利だと思います。バッグに入れてもかさばらない大きさがいいですね。仮眠をするときって、できれば横になって寝たいですよね。外では眠れる場所は限られていますが、体をつけて寝たほうが疲れが取れます。

     

    私はキャンプなどで使っています。野外で眠ることは気持ちのいいものです。枕があると寝心地が変わってきます。今まではバッグやタオルを使っていましたが、やはり枕の寝心地には敵いませんでした。地面はゴツゴツしているので、弾力のあるものは必要です。

     

    移動先でも睡眠は重要です。できる限り自分が寝やすい体勢を作ることが疲れをとるコツです。用途や場所に応じて睡眠をとっていきましょう。

    エアーピロー 空気腰枕 HAIYANLE
    ・3種類の用途がある空気枕です。抱きながら眠りに入っても腕がしびれない設計になっています
    ・45度の曲線のおかげで、腰の負担を緩和してくれます
    ・抗菌仕様で、手触りがよく、とても柔らかい素材です
    ・枕の上に顔をつけてぐっすりと眠ることができます
    ・内部に小さな袋がありますので、携帯電話が入れられ、眠りながら音楽を聴くことができます
    ・収納袋に入れて、持ち運びも可能です
    ・利用する時は蓋を開けて10-20秒間ほど空気を吹き込むだけです
    ・便利な収納バックがついていますので、携帯にも便利です
    ・収納サイズは13*18cmです。使用時のサイズは30*45cmです
    ・耐荷重は180キロです
    ・出張の際、機内での休憩時、もしくはプールや海などいろいろなシーンで大活躍します。

     

    なかなか思い切った大きさの枕ですよね。こちらも洗うことができるので、清潔に保つことができます。

    この枕を最初に飛行機で使ったときは少し勇気が必要だったことを覚えています。ネックピローであればまだしも、ここまで大きいものは恥ずかしかったです。ですが何度か使用しているうちに眠れるようになりました。普段はうつ伏せで寝ることが多いので、こういった枕を探していました。

     

    用途が多くあるので、移動中以外でも使用できます。

    クッションや座布団として使えるので、外で使うこともおすすめします。一番助かったのは、新幹線で体調が悪いときでした。体が休まるのを感じました。抱きかかえていることで安心したのかもしれません。足枕としても使えるので、飛行機で活躍するでしょう。シートを少し倒して、足を乗せるだけでリラックスできると思います。

     

    使える範囲が広いことはうれしいですね。自分好みの使い方を試してみてくださいね。

     

    スポンサーリンク

    おすすめの空気を入れるだけの枕 まとめ

    いかがでしたでしょうか。日常の隙間時間を使って睡眠を取ることで、今までの生活から余裕が生まれます。枕を使うことでさらに充実した時間になるでしょう。睡眠時間は仕事や私生活にも影響をしています。なんとなくうまくいかないことが続いている方は睡眠を見直すといいでしょう。

     

    スマートフォンなどで睡眠不足の原因を作っているのはあなた自身かもしれません。ストレスなども注意が必要です。なので少しの睡眠をとることで、体を休める時間を作ってみましょう。その時間が積み重なるだけで日常が変わり始めます。さらに枕を使うことで、睡眠の質をあげることができます。いつでもどこでも眠れるようにすることが、あなたの疲れを癒すでしょう。

    外出先でも枕は用意できます。必要なものは空気のみです。さすがにいつも使っている枕を持ち運ぶことはできませんが、空気はどこでも存在しますよね。

     

    持ち運びに便利で、空気のみで作れる枕はあなたの味方でいてくれます。いつでも眠れる安心感も持ち運べるはずです。よい睡眠で仕事は順調にいきます。私生活でも充実した時間を過ごせるようになることにもつながりますので、少しずつ睡眠の時間を増やしていくことをおすすめします。

     

    枕は質のいい睡眠には欠かせません。隙間時間を有効に活用することで、あなたの日常は素敵なものになりますよ!

    スポンサーリンク
    おすすめの記事